HOME > キャンペーン
OutlineShape1
デジタルプロセッサーの音質調整は、何と、全体の70%以上の音質支配力を持ちます。

音質を数値で表すことは非常に困難ですが、敢えて、音質調整の重要度を数値化しようとすれば、70%は下らないと申し上げることが出来るかもしれません。
無論、この数値も、経験則の枠を超えるものではないのですが、それでも日常、プロセッサーの調整を通じて、良い調整を施した時の音質向上は非常に大きく、デジタルプロセッサーの調整を行わない、或は不完全な調整でしかない場合と比べて、雲泥の音質差となります。

敢えて申し上げましょう。

デジタルプロセッサーを最高の調整に仕上げることこそが、高音質実現の最大の決め手である。

デジタルプロセッサーは、身近なナビにも入っていることがあります。

音質調整とは、デジタルプロセッサーが無いと簡単には出来ません。従って、エモーションで音質調整をご希望されるのであれば、デジタルプロセッサー機能があるかどうかでそれが出来るかできないかが決まります。
しかし、デジタルプロセッサーの調整規模は異なっていても、意外と身近なものに、プロセッサーの機能が入っていることがあるのです。
今お使いのナビの機能をご確認ください。



プロセッシング機能が搭載された主なナビ

OutlineShape2

OutlineShape3


今、あなたがお使いのナビにも、
デジタルプロセッサーが入っているかもしれません。
それを調整すれば、本当にびっくりするくらい、音が良くなります。
純正スピーカーのまま、市販品に変えていなくても。
もっとも、スピーカーを市販品に変えていると、
もっと良くなりますけど。


さぁ、エモーションに、
デジタルプロセッサーの音質調整を依頼してみましょう。
間違いなく、今よりも良い音になります。





自作派の方や、他店様で取り付けされた方でも、
問題なくお受けいたします。

調整は完全予約制です。


エモーションの、デジタルプロセッサー調整には、有料の場合と無料の場合とがあります。


有料調整
エモーションにて、カーオーディオをコーディネートされていない方、システムデザインから取り付けまで(音響加工、音質調整まで)をされていらっしゃらないお客様。
自作派の方や、他店さんで取り付けされた方でも、問題なくお受けいたします。

無料調整
エモーションにて、カーオーディオをコーディネートされ、取り付け、音響加工、音質調整まで行われた方。




調整の詳細

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜有料調整について〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エモーションでカーオーディオ機器の施工を行われず、他店様、若しくはご自身で取り付け、施工された方でも、プロセッサーの調整をお受けいたします。
料金は、デジタルプロセッサーの種類、及びスピーカーのシステム規模によって異なります。

以下の種類分けと料金表をご参照ください。



@ デジタルプロセッサーの種類

●  A

簡易的なプロセッサーを内蔵したナビやヘッドユニット。タイムアライメントはあるが、フロント2WAYマルチが可能なデジタルクロスオーバーが無い。
タイムアライメントが無い機種は、調整できません。

例;カロッツェリア・サイバーナビ 2015年以前のモデル、カロッツェリア・楽ナビ RZシリーズ以降のモデル。アルパインナビ、ダイヤトーンサウンドナビ・スタンダードモデル、ケンウッドナビなど。
OutlineShape4

●  B

タイムアライメントに加え、フロント2WAYマルチが可能なデジタルプロセッサー内蔵のナビやヘッドユニット。加えてA群でのバイアンプ(バイワイヤリング)システム。

例;カロッツェリア・サイバーナビ 2016年モデル以降、カロッツェリア2DINヘッドユニットFHシリーズ(プロセッサーなしの機種もあります)、カロッツェリア1DINヘッドユニットDEH-970など。
OutlineShape5

●  C

フルスペックのデジタルプロセッサーが搭載されたナビやヘッドユニット。

例;ダイヤトーンサウンドナビ・プレミアムモデル、カロッツェリア・DEH-P01、歴代カロッツェリアXシリーズなど

OutlineShape6

●  D

外付け型のデジタルプロセッサー類全機種、アンプレス機、アンプ内蔵機のどちらも。

例;ヘリックスやマッチなどの、オーディオフィッシャー社製デジタルプロセッサー。
オーディソンのデジタルプロセッサー、その他、様々なメーカーより発売されているデジタルプロセッサー。

※外付け型のデジタルプロセッサーによっては、エモーションに調整用ソフトが無い場合や、データーが無いものに関しましては、調整をお受けできない場合がございます。ご注意ください。
OutlineShape7



A スピーカーシステムの規模

規模1、フロント2WAYスピーカーパッシブシステム(純正スピーカーも含む)

OutlineShape8


規模2、フロント2WAYスピーカーパッシブシステム + サブウーファー
OutlineShape9


規模3、フロント2WAYスピーカーマルチシステム
OutlineShape10
若しくは

OutlineShape11

※パワーアンプの有無は、システム規模に関係ありません。


規模4、フロント2WAYスピーカーマルチシステムサブウーファー

OutlineShape12


若しくは

OutlineShape13

※パワーアンプの有無は、システム規模に関係ありません。


規模5、フロント3WAYスピーカーマルチシステム

OutlineShape14
若しくは

OutlineShape15

※パワーアンプの有無は、システム規模に関係ありません。


規模6、フロント3WAYスピーカーマルチシステム + サブウーファー

OutlineShape16

若しくは


OutlineShape17


※パワーアンプの有無は、システム規模に関係ありません。

B 追加オプション

5.1chシステムのリアスピーカーとセンタースピーカー付き。

・リアスピーカー付き


以上の項目の組み合わせにより、料金が決まります。下の表をご参照ください。
価格は全て税別です。

プロセッサーA
プロセッサーB
プロセッサーC
プロセッサーD
スピーカーシステム
規模1
10,000

12,000
14,000
18,000
スピーカーシステム
規模2
12,000

14,000
16,000
23,000
スピーカーシステム
規模3
13,000
バイアンプシステム
16,000
18,000
25,000
スピーカーシステム
規模4
15,000
バイアンプシステム
18,000
20,000
27,000
スピーカーシステム
規模5



25,000
29,000
スピーカーシステム
規模6



27,000
32,000


■■■追加オプション料金■■■
上記の金額に追加されます。

リアスピーカーとセンタースピーカー   ¥10,000

リアスピーカー ¥5,000

※  ダイヤトーンサウンドナビ・プレミアムモデルによる、パッシブ2WAY、及びパッシブ3WAYシステムは、マルチシステムと見なされます。

有料調整後の再調整は、3回まで、
若しくは最初の調整から3か月まで無料で行います。

有料調整後、次のような「調整証明書」を発行します。

OutlineShape18

再調整の際には忘れずにお持ちください。




有料調整の注意事項


●  デジタルプロセッサー調整の、音質に於ける影響は非常に大きく、調整の質次第では、同じシステムであっても音質に雲泥の差が生じます。ただし、オーディオシステムや、音響加工(取り付けの方法)に問題点があれば、調整の効果があまり発揮できません。調整中に問題が発覚した場合、調整を中断し、その問題点をお伝えいたします。その際の料金は発生いたしません。問題点を解決されてから、再度、調整をご依頼ください。

●  エモーションによるデジタルプロセッサーの調整は、非常に高度で、効果の高いものです。そのため、調整をする人間には、非常に高い集中が求められます。従いまして、調整中の同乗、及び外からの覗き込みはご遠慮ください。
調整をしている間は、店内にてお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

●  プロセッサーの種類によっては、過去の調整メモリーが消えることもございます。以前の設定を残しておかれたい場合は、事前にメモを取るなどの記録をしておいていただきますようお願い致します。

●  最初のご依頼日から3か月間、若しくは3回までを期限とし、無料で再調整いたします。3か月、若しくは3回の、どちらかが過ぎると、無料調整期間は失効します。無料調整期間内でのアンプの交換やスピーカーの交換、音響加工の変更、などを行われましても、問題ございません。無料調整期間は期限まで継続いたします。ただし、デジタルプロセッサーそのものを交換された場合とスピーカーシステムの規模が変わった場合は、3か月以内、3回未満であっても、無料調整期間が失効し、再び料金が発生します。

●  最初のご依頼時に、「調整証明書」を発行いたします。それを再調整時には必ずお持ちください。お持ちになられない場合は、無料再調整が出来なくなることがございます。

●  調整は1メモリーまでです。数種類の音質調整をご希望される方は、2メモリー目以降は料金の半額が発生いたします。また、最初の調整以降、3か月若しくは3回の無料調整期間中も、無料となるのは1メモリーまでです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜無料調整について〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



●エモーションで調整料が無料になる条件は以下の通りです。


1、エモーションでカーオーディオの取り付け、施工をされた方。

2、他店様や自作で取り付け、施工された方でも、エモーションで音響加工を施されるか、一部のオーディオ機器施工をご依頼され、以降のカーオーディオ施工をエモーションに一任していただける方。


●無料調整の期限

エモーションで施工したお車を乗り換えされるまで。

乗り換えをされても、次の車もエモーションにて施工をご依頼いただけるのであれば、無料調整は継続します。


●無料調整の権利が無くなる条件

1、エモーションで施工された後、他店様、若しくはご自身で、オーディオ機器の追加や交換などをなさった場合。

2、エモーションで施工された後、他店様、若しくはご自身で、音響加工、インストレーションの変更を行われた場合。

※ケーブル類やアクセサリー類の追加、変更を、他店様、若しくはご自身でなさっても、無料調整は継続いたします。


●無料調整回数の限度

1か月に1回まで(要予約)




エモーションにて、デジタルプロセッサーの調整をされた方には、有料、無料調整に関わらず、下の調整証明ステッカーを差し上げます。
これは、エモーションにて調整をされなかった方には絶対にお出ししないステッカーで、ステッカー単体の販売も行っておりません。



OutlineShape19



エモーションの音質調整がなぜ良いのか

デジタルプロセッサーの調整を覚えるのに、何が必要か。

調整のポイントは、実は練習です。
これは楽器の練習にも例えられることがあるのですが、例えばギターを独学で習得する場合、コード表を見ながら、抑え方を覚えます。その後、何度も何度も、反復練習することによって、やっと自由に弾きこなせるようになります。
デジタルプロセッサーの調整も実はこれとよく似ていて、まずは正しい調整法を覚えるところから始まり、それから何度も何度も練習することで、やっと良い音を作れるようになるわけです。

つまりデジタルプロセッサーの調整を覚えるという事は、


1、正しい調整法を覚える。

2、何度も何度も練習して音作りを体で覚える。

この二点に集約されるわけです。

当然、練習量の多い人ほど、良い音を作れるようになります。

エモーションは、デジタルプロセッサーの登場時から積極的に取り組み、これまで手掛けてきたデジタルプロセッサー搭載のカーオーディオの数は半端な数ではありません。

また、常に新しい調整方法の模索、確立もし続けており、常に進化し続けています。

これは一朝一夕では身に付くテクニックではありません。




調整は技術だけではなく、マインドも大切。

音楽を聴くマインドもそうですが、良い音を作ろうとするマインドが大切となります。
どんなに腕が良くても、安いシステムだからと手を抜いていたら、お客様を驚かせることはできません。

そう、エモーションのモットーは、「お客様に驚いていただく」所にあります。

これは一般的な顧客満足度の概念よりも、遥かにハードルが高いといえます。
なぜならば、驚いていただくためには、お客様の予想を超えた音質でなければならないからです。
ですから、低価格なシステムだからと言って、音作りに手を抜くようなことは決してできません。価格を超えるクオリティとなるまで、一生懸命にやるのがエモーションです。

どんなに良い腕を持っていても、それを発揮させるマインド、即ち「お客様に予想を超える驚きを感じていただける音作り」を実現しようとするマインドが無ければ、宝の持ち腐れになってしまいます。


エモーションのデジタルプロセッサー調整の特徴


ポイントソースの実現

カーオーディオマニアの間では、「スピーカーの繋がりが良いね」とか、「スピーカーがちゃんと繋がっていないね」などという会話が良くなされます。
しかしスピーカーが繋がっているという意味を、本当に理解して言っておられる方はそう多くないように思えます。
スピーカーが繋がるとは、2WAYとか3WAYなどと言った何々ウエイに関わらず、音が一点から聴こえてくることを言います。

よく出来たホームオーディオ用スピーカーを、方チャンネルだけで聴いてみてください。
そうすると、低音から高音まで、一点から聴こえてくるはずです。
この状態のことを、点音源、ポイントソースと呼びます。
実は、ほぼ全てのスピーカーエンジニア・設計者が目指している再生状態が、この状態なのです。

OutlineShape20
すべてのスピーカーエンジニアが目指す状態であれば、カーオーディオエンジニアである我々もそれを目指さなければなりません。

ポイントソースは、カーオーディオの場合、2WAYだとエアコンの吹き出し口付近。3WAYだとミッドレンジの下か、ミッドレンジの装着位置が低い場合は、2WYと同じ、エアコン吹き出し口付近に現れます。
あたかも、12cm位のフルレンジスピーカーがそこにあって、低音から高音まで、すべての音がそこから聴こえてくるようなイメージとなります。
OutlineShape21

ポイントソースが実現できた時が、
そのスピーカーシステムで再生しうる、
最高の情報量、最高の解像度、最高の音質が発揮されます。


エモーションでは、長年の研究と訓練、経験によって、
ポイントソースを完璧に作り出す調整技術を持っています。
それによって、
カーオーディオシステムが持つ、最高の状態を引き出すことが可能です。


今お使いのカーオーディオを、
びっくりするレベルにまで音質向上させる
エモーションのサウンドチューニング。
是非一度、お試しください。



問い合わせ


若しくはお電話にて
092-939-0789