HOME > キャンペーン
OutlineShape1

音質に責任を持つのはカーオーディオ専門店だけ・・・・


エモーションでナビを買うメリット

カーナビを最大限に活かし、いい音を得る方法をお教えします。


OutlineShape2


たかがナビ、されどナビ

最近のナビゲーション、中でもAVN(オーディオ・ビジュアル・ナビ)機は音質機能が非常に充実し、HIFIオーディオ用ヘッドユニットとしての使用にも耐えうるものも存在します。
その分、良い音を出すためにはノウハウ・スキルが要求され、“腕のいい人が手掛ければ別物のように音が良くなる”と言う事が言える反面、“腕の悪い人にかかれば宝の持ち腐れ”と言う現象にも陥り易く、むしろ持ち腐れのまま高価な機能を放置し、ナビとしてだけ使っている人の方が多いのではないでしょうか。

AVN機の音質機能を使いきる!これがエモーションのコンセプトです。

純正ナビを買ってはならない!

“車を買う時、ディーラーの営業さんから純正ナビを勧められるまま取り付けたけど、聴くに堪えない音しかしない“

こんな経験をされた方は意外と多いのではないでしょうか。

純正ナビは市販品と違って複雑な流通経路を通って売られています。その過程でいろんな会社の利益が乗ってくるため、市販ナビと比べると割高になります。

市販ナビは、お客様から店頭でご指定いただけない限り、売れないものです。従ってメーカーも必死で良いものを作ろうとしますし、利益もぎりぎりまで抑えて安くしようとするでしょう。

つまり純正ナビと市販ナビとでは、根本的に価格も性能も違うものであり、少なくとも良いナビをより安く手に入れたいとお考えの方や、音質にこだわる方であれば、純正ナビは絶対に避けましょう。

では、既に純正ナビ付きでお車を買われた方、または中古車を買ったら純正ナビが付いていた。または車に純正ナビが標準装備だった。こう言った方々は、車の中で良い音を聴く事をあきらめなければならないのでしょうか。

いいえ、そのような場合であっても、良い音を手に入れる方法はあるのです。

エモーションHP内の別コンテンツを御参考にされてください。



このコンテンツは、いい音のナビを使って如何に良い音を手に入れるかと言うコンテンツですので、ナビの音質の話から始めましょう。



純正スピーカーのままでも、
高音質な市販ナビの調整機能を駆使することによって、本当に音は良くなるのだろうか・・・・

腕の良いプロがナビの音質機能に調整を施せば、
純正スピーカーでも驚くような音質になります。

とは言え、純正スピーカーは非常に粗悪なものです。

それもそのはず、車を買ったら最初からタダでついて来るものですから。
しかもエンジン性能にも居住性にもエコにも関係ない。
であれば、車メーカーは“鳴ればいい”程度のものしか付けてくれないはずです。
だからエモーションでは純正スピーカーを交換する事をお勧めしている訳です。

市販スピーカーを入れるのなら、スピーカーの代金だけではなく、ドア防振やスピーカーケーブルの交換など、音響的な加工も必要です。従って最低でも6万円くらいは考えておかなければなりません。
スピーカー交換プランを御参考にされてください。

では、車を買ってナビゲーションを取り付けたら、もう予算の限度に達してしまう方にとって、車の中で良い音を聴く事は諦めなければならないのでしょうか・・・・

違います。優秀なナビゲーションの音質調整機能を用いれば、純正スピーカーであっても、その性能を最大限にまで発揮させる事が出来ます。

だから音響特性に優れた市販ナビじゃないとダメなんです。

音は良いと言っても、市販ナビは決して高くはありません。

寧ろ、純正ナビを買うよりも安いでしょう。

新しく車を買う時は、音の良い、音調整の機能に優れた、市販ナビを購入し、純正スピーカーの能力を最大限発揮させる。

たとえ満足できる音にまでは至らなくても、純正ナビ+純正スピーカーのような、聴くに堪えない音には絶対になりません。
それからゆっくりお金をためて、スピーカーを優秀なものに交換しても、決して遅くはないですよ。


音の良いナビゲーションを買うと、何が違うのか。

車の中は、音楽を良い音で聴くには大変不利な環境です。

●  左右のスピーカーの中心で音楽を聴く事が出来ない。
●  ミッドバスやツイーターなど、各スピーカーからの距離がバラバラ
●  広いガラスからの反射
●  鉄板が共振して異音を出す。

数え上げたらキリがありません。
これらの悪要因を改善する為に開発されたオーディオ機器がございます。

それは

デジタルプロセッサーです。

デジタルプロセッサーは、デジタル技術を駆使し、車室内環境により壊れてしまった音を、音質を可能な限り劣化させることなく、元の良好な状態に戻す機能を持ちます。

またその調整には、非常に高度な技術が必要で、カーオーディオプロショップでもその技術習得には大変な年月がかかるものです。

車の中で良い音を楽しむ為のカーナビを選ぶなら、まずはこのデジタルプロセッサーが搭載されているものを選ぶ事が必修となります。

エモーションの調整技術は世界No,1クラス!
エモーションの調整テクニックは世界最高クラスです。特にエモーション社長、橋本が執筆した調整用テキストと調整用CDは、世界14カ国で使用されており、このテクニックを用いて調整を行えば、ただ付けただけのナビであっても、あなたの期待を遥かに超える音質を奏でることが出来ます。
無論、エモーションでご購入、取り付けされた方は、
全てエモーションにて、無料で音響調整を施してから納車いたします。

これがエモーションでナビを購入する最大のメリットです

良い音にするためには、ナビにどんな機能が付いていなければいけないのか。

では、デジタルプロセッサーにはどんな機能があって、またそれはどんな役割を果たしているのでしょうか。少し難しい説明となりますので、読み飛ばしていただいても結構です。

タイムアライメント
メーカーによってはタイムコレクション、或いはただ単にディレイなどと呼ばれます。
これは遠くにあるユニットの音を意図的に遅らせて出力することで、リスニングポジションで音の到達を一致させ、ホームオーディオのように左右のスピーカーの中間で聴いているような音を作る事が出来ます。
タイムアライメントがカーオーディオに登場して以来、カーオーディオの音質は根本から変わったと言っても過言ではないでしょう。今やカーオーディオでは欠くことの出来ない重要な機能の一つです。

OutlineShape3
   タイムアライメントが無い場合
   ほとんどの音が自分の座った側からのみ聞こえてくる。せっかくのステレオなのに、
   臨場感が感じられない。

OutlineShape3
   タイムアライメントがある場合
   実際に演奏してるのと同じ配置から音が聞こえてくる。楽器の音も生々しく
   臨場感あふれる音になる。



クロスオーバーネットワーク

人間の可聴帯域である20Hzから20kHzまでを一つのスピーカーで再生することは不可能なため、大きさの異なる(得意な音程の異なる)いくつかのスピーカーを組み合わせて一つのセットとします。これをスピーカーシステムと呼び、分ける数によって○WAYと呼ばれます。例えばミッドバスとツイーターのセットなら2WAYと言う具合に。
そこで元からあった全帯域の音楽信号をいくつかに分けなければならなくなります。
この分割をアンプ以降、スピーカーの手前の段階で行っている物をパッシブネットワーク、アンプの前で行っているものをアクティブネットワークと呼び前者はスピーカーセットに付属してくるものがほとんどで、後者はアンプの前で分割するため、チャンネル数分のアンプが必要となる事から、別名マルチアンプシステム、(通称マルチ)と呼ばれます。従ってこのアクティブネットワークがデジタルプロセッサーの一機能となります。アクティブタイプにはアナログ方式とデジタル方式とがあり、最近ではデジタルが主流であるため、デジタルクロスオーバーなどと呼ばれます。
OutlineShape6
イコライザー
車種ごとに音響特性が異なり、またガラスの面積によって反射係数が異なる車室内に於いて、音楽をより気持ち良く聴くために必要不可欠な機能です。
ただ単に高音、中音、低音などの帯域間のバランスを取るだけにとどまらず、基音とハーモニクスのバランスを整えることによって、情報量や解像度、つまり音のリアルさを上げることにも役立ちます。イコライザーにはグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーとがありますが、使いやすさと効果を考えると、圧倒的にグラフィックイコライザー(略してグライコ)に軍配が上がります。
またグライコはバンド数が多いほど調整が難しくはなりますが、その分細かく調整が出来るようになり、高音質への可能性は広がります。
OutlineShape7
5.1チャンネルプロセッサー
これはカーシアターを御希望される方にのみ、必要な機能です。
市販されている全てのAVN機はDVD再生機能を有しますが、DVDを再生できるからと言って必ずしも5.1chに出来るとは限りません。この5.1chプロセッサーが入っていないと5.1chシステム、要するにカーシアターは作れないのです。
余談ですが、私の知る限り、純正カーオーディオにはこの5.1chプロセッサーを搭載しているものは存在しません。意外とお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、純正でオプション価格50万円以上の「カーシアターシステム」と書かれたものをすべて調べましたが、それらはアナログの“マトリクス方式”を採用したシアターシステムで、80年代から90年代にVHS或いはLDを用いたホームシアターシステムで良く用いられていたものです。この特徴はアンプが2ch一台で済む事から、5.1chのデジタル方式に比べ、遥かに安く上がる事です。にもかかわらず50万円以上と言う価格設定は高すぎでしょう。30万円もあれば、市販のナビを用いた、立派なデジタル方式の5.1chサラウンドシステムが作れるからです。この辺りも私が純正オーディオを絶対にお勧めしない理由でもあります。
OutlineShape8

調整機能だけでなく、ただ単に出てくる音が良い事も大切。
どんなに細かな調整機能を有していても、ナビから出てくる音声信号そのものの品質が悪ければ、音楽を感動のレベルで再生することは不可能です。従ってナビ自体にも高い高音質再生能力が求められます。

次にエモーションがお勧めする、ナビ機能、音質共に十分なナビゲーションを御紹介しますが、音は良いけれども調整機能が不足しているものや、調整機能が十分であるにもかかわらず、根本的に音が悪いと思われるものは省いております。
ただし掲載しなかったナビがすべて悪いと言うわけではなく、エモーションで十分に検証するチャンスの無かったものや、音響機能以外のナビ機能が大変優れているものなどもございます。
どんなナビを選ぶかはあなた次第。以下に紹介されていないナビでも、使用目的や好みに応じてお選びください。

エモーションでナビをご購入いただき、
エモーションで取り付けされた場合は全て、
複雑なデジタルプロセッサーによる
サウンドチューニングを施してお渡しいたします。
高音質ナビの持つポテンシャルを100%発揮し、
感動の音楽をご堪能いただけます。


OutlineShape9


完全にハイエンド音質となった新型サウンドナビ!

NR-MZ60に始まり、MZ80、MZ90とモデルチェンジしてきたダイアトーン・サウンドナビ。
今回のNR-MZ100PREMIは、見た目のイメージはそう大きく変わっていませんが
中身はフルモデルチェンジをしています。
元々ナビとしては特筆すべき高音質だったのですが、
今回のモデルチェンジで驚くほどの音質向上を果たしました。
誤解を恐れず、はっきりと申し上げましょう。

これは間違いなく、ハイエンドの音質です。

圧倒的な情報量、空間印象と定位感の両立、何よりもアーティストの表現力をそのまま音に変換するエモーショナルな能力。本機が今後、高音質カーオーディオの基軸となることは間違いなく、カタログプライス24万円ですが、この音質で50万円と言っても怒る人はいないでしょう。
カーオーディオで高音質を望むなら、絶対に入手すべきナビヘッドユニットだと断言することが出来ます。


大きくブラッシュアップされたサウンドナビ・スタンダードモデル!
OutlineShape10


今回のモデルチェンジから、スタンダードモデルの音質も向上しました。
実を言うと、エモーションではこれまで、スタンダードモデルをあまりお勧めしてはいませんでした。何故かと言うと、音質ではプレミアムモデルに比べ大きく劣り、ナビ機能はポータブル並、しかも価格はサイバーよりも高いとあっては、お勧めする価値があまりないと感じていたからです。
ところが今回のフルモデルチェンジでは、スタンダードモデルも大きく音質向上が成されており、何よりもエモーションが最も得意とする“バイワイヤリングシステム”との相性も良くなりました。これであれば、お勧めするのに不足はなく「プレミアムモデルが欲しいけど予算的にちょっと手が届かない」と言う方には最適のモデルとなります。

ナビ機能も大きく向上!

今回フルモデルチェンジでは音質だけではなくナビ機能も大きく向上。「音質は良いけど、ナビ機能はウ〜ン・・・」と言われ続けてきたサウンドナビも、今回のからはカロッツェリアやアルパインなどのナビと十分張り合えるところまで機能向上しています。
今回のモデルチェンジで、ナビの勢力図は明らかに塗り替えられることでしょう。
それほどのポテンシャルを、この新型サウンドナビは持っています。

問い合わせ


OutlineShape12

昔から音質には定評のあるカロッツェリアサイバーナビ、その秘密は内蔵アンプにあると思います。恐らく、1DINデッキなども含めた、全ての国産デッキの中で、
カロッツェリアの内蔵アンプが最強なのではないでしょうか。

他社にも多い、50W×4と表示された最大出力ですが、その内容は全く異なっており、全内蔵アンプ中、最もスピーカー駆動力が高いように感じます。このメリットは大きく、ストロークの大きなスピーカーや耐久入力の高いスピーカー、要するに世間では鳴らしにくいと言われるスピーカーでも十分に鳴らしてくれる駆動力を持ちます。
また、通常内蔵アンプは歪が大きく、15Wも出すと全高長波歪率(THD)が10%を超えるのが常です。サイバーナビの歪率は判りませんが、かなり低歪に聴こえます。

2.5cm刻みの4chタイムアライメントを搭載し、サブウーファーとフロントリアスピーカーのクロスオーバー、13バンドイコライザーを搭載。プロセッシング機能は、ダイアトーンサウンドナビプレミアムと比べれば随分見劣りしますが、ナビ機能はこちらが遥かに上。スピーカーシステムも、エモーションは“スピーカー交換プラン”で提唱している「バイワイヤリングシステム」を用いますと、左右ツイーター、ミッドバスが全て独立してタイムアライメント制御できるようになり、驚いていただけるレベルの音像定位感、
音場感を発揮できます。

問い合わせ



OutlineShape14

カロッツェリア楽ナビは、このモデルから4chタイムアライメントが付きました。以前からあったサブウーファー&フロントリアクロスオーバー、13バンドイコライザーと合わせると、サイバーナビと同等のプロセッシング機能を持ったことになります。従ってエモーションのスピーカー交換プラン、バイワイヤリングと組み合わせることで、ホームオーディオのような音場感、定位感を再現できるようになりました。
しかも、最上位機種のAVIC-RL99から、最も安いAVIC-RZ33まで、全てのラインナップに同等のプロセッシング機能を持たせているところが凄い。高音質なナビの中では、最も安いと言えるのではないでしょうか。
内蔵アンプのパワー感は、サイバーと比べると劣りますが、それでも、この価格帯の他のナビと比べると、プロセッシング機能が付いた分、遥かに良い音に出来るポテンシャルを持ちます。

問い合わせ


OutlineShape16

今期より発売された、新しいケンウッド“彩速ナビ”シリーズは、ハイレゾ対応となりました。しかも現在最高度の192kHz/24bitに対応。
これより下で、一般的なハイレゾフォーマットである、96kHz/24bitの場合で、CDの3.26倍、この機種で可能な最高度の192kHz/24bitだと6.52倍にもなります。つまりこれまでCDでは再現できなかった高解像度で、リアルな空気感や臨場感を再現できるようになります。
またケンウッドのナビは、この彩速ナビシリーズとなってからは、4chタイムアライメントの装備に加え、内蔵アンプの駆動力も増したように感じます。つまり、カロッツェリアに匹敵するくらい音が良くなったという事です。
しかも今期のモデルから、先出のようにハイレゾ対応となっております。ナビダイレクト入力でハイレゾを楽しまれたい方は、現代段階ではこれしかないでしょう。

問い合わせ



高音質ナビを中核としたカーオーディオシステム
のご案内。

高音質ナビに搭載されたデジタルプロセッサーの機能を最大限に発揮するには、スピーカー交換との同時施工が大変有効です。
エモーションには、スピーカー交換プランという格安のセットがあります。
これは、様々なスピーカーを、ドア防振(デッドニング)、インナーバッフル、高音質なスピーカーケーブルへの交換など、高音質のための様々なテクニックを含んだ上で、あり得ない価格を実現したプランです。
詳しくは以下のコンテンツをご残照ください。


高音質なナビに、スピーカー交換プランを組み合わせることで、驚くほどの高音質をご堪能いただけます。

車に乗る時間が至福の時となる。そんなカーライフを是非ご体験ください。

OutlineShape18

システム1 ダイヤトーンサウンドナビ+スピーカー交換プランMOD1



システム2 ダイヤトーンサウンドナビ+スピーカー交換プランMOD2


システム2 ダイヤトーンサウンドナビ+スピーカー交換プランプレミアム

スピーカー交換プラン






OutlineShape25

システム1 カロッツェリアAVIC-ZH0999+スピーカー交換プランMOD1


システム2 カロッツェリアAVIC-ZH0999+スピーカー交換プランMOD2


システム3 カロッツェリアAVIC-ZH0999+スピーカー交換プランプレミアム

スピーカー交換プラン




OutlineShape31 システム1 カロッツェリアAVIC-RZ77+スピーカー交換プランMOD1


システム2 カロッツェリアAVIC-RZ77+スピーカー交換プランMOD2


システム3 カロッツェリアAVIC-RZ77+スピーカー交換プランプレミアム

スピーカー交換プラン




OutlineShape35


システム1 ケンウッドMDV-Z702+スピーカー交換プランMOD1

システム2 ケンウッドMDV-Z702+スピーカー交換プランMOD2

システム3 ケンウッドMDV-Z702+スピーカー交換プランプランプレミアム

スピーカー交換プラン




ナビ・スピーカープランSPECIAL carrozzeria AVIC-R33
現在のカロッツェリア楽ナビは、全てのラインナップに、タイムアライメントと13バンドイコライザーが装備されています。
中でも一番下のグレード、AVIC-RZ33は、高音質AV機能搭載のナビゲーションの中では、最安値と言える存在なのではないでしょうか。上位機種と比べて劣る点は、テレビがワンセグ、録音機能なし、Bluetoothなし、こんなところです。
再生可能メディアは、DVD、CD、SD、USBです。これだけあれば十分とお考えの方に、音響加工を少しだけ落としてさらに安くしたスピーカー交換プラン“番外編”と組み合わせることで、すこぶる安い、ナビ&オーディオシステムをご提案いたします。
もちろん、音響加工もプロセッサーの調整も、エモーションクオリティで仕上げてお渡しします。
OutlineShape40


OutlineShape41

純正は可能な限りやめておこう。
私が市販品を販売している人間だから言うわけではありませんが、ここだけの話・・・・
車メーカーの純正ナビゲーションは、ナビ機能、音質共に、市販ナビよりも遥かに劣ります。価格と機能を比較すると純正ナビは買い損だと言わざるを得ません。
オーディオレスが選べるなら、なるだけオーディオレスで車を購入し、純正ナビの装着は避けたほうが良いでしょう。
純正ナビのメリットは新車購入時に一緒にローンが組めることくらいですが、それでも昨今ではディーラーさんでも市販ナビの取り扱いが増えています。

お気に入りの車があっても全てナビ標準装備だった場合。
標準装備の純正ナビは取り外しが不可能な場合が多いので、あくまでナビ機能のみと考え、どこかに1DINスペースを作ってデッキを入れるとか、或いは、デジタルプロセッサーを用いてオーディオシステムを構築するなどと言った、ナビとは別にオーディオシステムを構築する方法が勧めです。以下のコンテンツをご参照ください。

音にこだわるなら専門店、価格にこだわるなら量販店か通販
ナビを用いた高音質なオーディオシステムにご興味がおありで無いならば、専門店でのご購入はお勧めしません。純粋に価格だけなら通販や量販店のチラシ特価の方が遥かに安くなります。
しかしナビをヘッドとしたオーディオシステムをお考えで、しかも高音質が御希望なら、専門店でのご購入がお勧めです。
なぜならば、品質に責任を持つ事はどんな店でも当たり前の事ですが、音質に責任を持つのはオーディオ専門店だけだからです。

ナビの世界は安かろう悪かろう。
同じブランドのナビであれば、価格差がそのまま性能差となるのがナビの世界です。
お使いになりたい機能を良くお調べになり、ご納得の上でご購入ください。
良く調べもせずにケチって安物買いすると、後で困ることになります。

超激安は危ない。
お店の利益を極限まで抑えた販売をしている激安業者は、あまりにも儲からないという不満を潜在的に抱えています。それがサービス面に出る事があるのです。
あまりにも安すぎる業者は、お客様からの問い合わせや購入後のサービスを非常に面倒くさがる事があり、トラブルに繋がる事があります。
安い方がいいに決まっていますが、安すぎる場合はサービスが煩雑になる可能性がある事も熟知しておいてください。