HOME > キャンペーン

イイオトシステムが更にグレードアップ!お客様に低価格で良い音をお届けしようと、エモーションが全力で取り組んだオーディオシステムのご紹介。

低価格で音楽の感動を伝えるには?

カーオーディオはお店の技術が全てです。それはシステムデザインから始まり、インストレーション、調整といったカーオーディオに最も大切な三要素を全て高い次元で実現することにより達成されます。これらが真に満たされると、低価格でありながら、価格を超えた感動の音を入手することが可能となるはずです。しかしそれには、高額な製品を用いたシステムの場合よりも、何倍もの知恵と工夫が必要となります。

良い音を作るために必要なカーオーディオの三要素

カーオーディオを良い音で聴くためには、1製品選び、2インストレーション(取り付け)、3調整、この三要素が極めて重要となってきます。

製品選びとは、そのまんまどんな製品を選べばよいかということなのですが、オーディオの場合それがそう簡単ではありません。マクロな意味では、2chHiFiをご希望されるのか、或いは5.1chサラウンドシステムを選ばれるのかといった大きなことから、お好みに合ったスピーカーを選ぶ、或いはオーディオ機器同士の組み合わせ相性などといった細かな要素まで様々あり、その上星の数ほどのオーディオ製品が発売されている状況では、どれを選んだらよいのかがさっぱりわかりません。意外と難しいのです。

インストレーションとは取り付けのことです。カーオーディオはホームオーディオとは異なり、完成品の状態で売られているのではありません。例えが適切ではないかもしれませんが、ある意味プラモデルのようなものであり、仕上がりの品質(音質)は、同じものを取り付けしても、インストーラー(取り付け担当者)の能力により、その価値は数倍異なります。

調整はカーオーディオの潜在的問題点、例えば左右のスピーカーの中心で聴けないとか、或いはツイーターとドアスピーカーの距離差が大きいなどといった点を解決し、ホームオーディオのように、眼前に広がる音場を実現し、音楽をより感動的、躍動的に聴くためには必要不可欠なものです。これもインストレーションと同様、調整をする者のテクニックの違いによって、雲泥の差が開く性質を持ちます。

これらの三要素は、低価格なシステムからハイエンドに至るまで、一貫して重要であり、どんなに高価なシステムであっても、この三要素が満たされていなければ、その能力を完全に発揮することは到底なしえません。逆に、低価格のシステムであっても、この三要素を満たすことができれば、音楽性豊かで、感動的なオーディオを作ることが可能なはずです。

では音楽を感動的に聴くことができるオーディオで、一体どのくらいまで低価格にできるのでしょう?

最初の大ヒット!¥10万円システム

感動レベルの良い音で、どこまで低価格が可能かというコンセプトの下、様々な試行錯誤を繰り返し、2006年暮れに到達したシステムが、税込10万円オーディオシステムでした。
おかげさまで10万円システムは驚くほどのご好評をいただき、その音を手に入れられた方々からは次々に驚嘆の声が上がっております。以下にその一部をご紹介します。

ホンダフィットにお乗りの36歳男性の方

10万円という金額をなめてましたねぇ、ここまですごいとは、いや驚きです。

トヨタistにお乗りの28歳女性の方

10万円くらいならと軽い気持ちでオーディオを入れ替えてみました。音の良さにびっくり。車を受け取ってからそのままドライブに出かけました。

スバルレガシーにお乗りの29歳男性の方

純正ナビの音が悪すぎるので相談に行ったところ、10万円システムの存在を知り、小物入れを加工してオーディオが入るスペースを作っていただき、10万円プラスαで取り付けしていただきました。
音が出た途端、びっくりしました。女性ボーカルが目の前で歌っているってところに鳥肌が立ちました。

マツダアテンザにお乗りの51歳男性の方

私は音楽が好きで、以前はカーオーディオにも結構お金をかけていたのですが、インターネットで10万円システムのことを知り、今の車に付けてみたところ、今まで聞いていたCDが別物のようにいい音で鳴り始め、以来、車に積むCDの数が以前より遥かに増えました。

この他にもたくさんのお客様から、嬉しい喜びの声を聞くことが出来ました。

10万円システムは2006年暮れに登場して以降、多くの人に愛されてまいりましたが、我々も技術者として研鑽を積み重ね、更により良い製品の登場などにより、10万円システムも更なる高みを目指して飛躍する必要性に迫られたのです。

そこで、2008年に登場したのが、傑作10万円システムを遥かに超えるクオリティを持つシステム、その名も¥110,100(イイオト)システムです。

それまでの10万円システムでは、ヘッドユニットにデジタルクロスオーバーの無いカロッツェリアDEH-P730を用い、バイワイヤリングシステムでチャンネル単独コントロールを可能としたものですが、それよりも一つ上のモデル、デジタルプロセッサーをフル装備したDEH-P930(75,000円)がモデルチェンジし、DEH-P940として音質機能はほとんど損なわないまま、50,000円まで値を下げました。
この事により、DEH-P730よりも音質的に遥かに有利なDEH-P940を用いたイイオトシステムが登場することとなったのです。

イイオトシステムは登場当初から絶大な支持を頂戴し、前作を超える大ヒットとなりました。

新イイオトシステム

新型ヘッドユニットの登場!!

そしてDEH-P940も遂にモデルチェンジし、DEH-970へと変貌を遂げます。
カロッツェリアDEH-970は、音質、調整機能はDEH-P940とほぼ同じでありながら、USB入力i-pod入力、SDカードスロットを装備し、各種録音メディアのデジタルダイレクト入力を可能とした上、なんと初代10万円システムで採用されたDEH-P730と同価格、36,750円まで値を下げました。

これは高音質と各種メディア再生に必要ではない機能をストイックなまでに削ぎ落としたメーカー努力の結晶であり、その為に外観はややチープになりはしたものの、高音質デッキとしては過去最も安い価格を実現した記念碑的製品と言う事が出来るでしょう。

新イイオトシステムはDEH-970を中心として構築されます。

エモーションが選び抜いた、新イイオトシステムにふさわしい低価格高音質スピーカー

カロッツェリア TS-C1720A
2013年5月にフルモデルチェンジを実施したカロッツェリアCシリーズ。このスピーカーは現在この価格帯ではダントツ!ハイスピード・高解像度というパイオニアの音作りコンセプトはしっかりと踏襲しながら、音の厚みと余韻を響かせ、リアルさだけではない、音楽の感動を伝えるレベルに達している。


へリックスE62c Esprit
ヘリックスの特長は、どんな音楽ジャンルでも鳴らしてしまうところ、不得意科目の無い優等生。
耳に付く嫌な音やどこか抜けたような感じは全く無く、また小さな音量でもしっかりと聴き取れるところが魅力。音の厚みや余韻もあり、ボーカルがセクシーに聴こえるスピーカー。


モレル MAXIMO6
ホーム用HiFiスピーカーの世界では一流ブランドとしての地位を確立しているモレル。かつては高価なスピーカーしか存在しなかったが、昨今では低価格スピーカーにも力が入っている。このMAXIMO6は正にモレルが求める世界、即ち“豊かな音場と臨場感”を低価格で実現した傑作と言える。


パイオニア TS-D1720C
パイオニアUSモデルのスピーカー、カロッツェリアと言うブランド名は国内だけで使用されている為、パイオニアブランドとなっている。
このスピーカーは、国内でも高評価のPRSシリーズの弟分。PRSと同じ方向性の分厚い低音と豊かな余韻、そして色気のあるボーカルが特徴。





イイオトシステムのための音響加工

可能な限り低価格で可能な限り良い音を。そうしたコンセプトの中、的確かつ絶対的ポイントへの音響加工を施し、皆様に最高の音をお届けします。

ドア防振 スーパースタンダード
これまでのドア防振スタンダードから、新イイオトシステムでは一気にグレードアップしたスーパースタンダードを採用しました。
ドアの共振による不要な音波の発生を抑え、音質をよりクリアに、よりリアルに再生します。


スピーカーケーブル カナレ 4S8
エモーションが徹底的試聴により選び出した、水準を大きく超えるスピーカーケーブル。これを使用しておけば、ミドルクラスまで対応。奇跡的な低価格スピーカーケーブルです。


インナーバッフル
低共振な素材で作られたカロッツェリア製5シリーズのインナーバッフルを採用。
バッフルとはスピーカーを固定する台座の事で、これの品質によって音質は大きく変化します。どんなに高価なスピーカーでも、バッフルがダメならば、その性能は10分の1も発揮できないでしょう。
バッフルはカーオーディオシステムの要なのです。




リニアリアリティサウンドチューニング

エモーションが編み出した画期的なデジタルプロセッサーの調整方法。
オリジナルの調整用CDを用い、あなたのカーオーディオシステムの持つポテンシャルを100%発揮させます。
現在、世界12カ国で使われている、デジタルプロセッサー調整法のスタンダードです。
調整料は無料、また取り付け施工後、エージングの変化に伴う再調整料も無料です。

新イイオトシステムの全貌!!

僅か110,100円で、あなたの心に響くサウンドを奏でるカーオーディオシステムのご提案です。

どのスピーカーでお選びいただいても、全て税込 ※上記の価格は一般的な国産車用の価格です。輸入車、特殊な国産車の場合、追加料金が発生する場合がございます。



イイオトシステムにお選びいただけるオプション



カロッツェリア インナーバッフル サウンドエンジニア6シリーズ

オプション価格 ¥4,500(税別)
新イイオトシステムに採用されている5シリーズのグレードアップモデルです。
スピーカーの共振は可能な限り止める方が音は良くなります。従ってバッフルには重量が求められます。また重量は金属の方が重い為、金属バッフルを使用した方がスピーカーの共振を止める事が出来ますが、金属は内部損失が少なく、その為固有の共振を発生してしまい、音を濁らせてしまいます。従ってバッフルには木材が多く使われるのですが、木材だけでスピーカー共振を抑え込む重量にしようとすると、必然的に大きなものとなってしまいます。

そこでカロッツェリアは、共振周波数の異なる3種類の金属を抜群の割合で張り合わせ、お互いの共振周波数で打ち消し合いを起こさせる事で、共振音の発生を遮断。叩いてみると、まるで木材のような音のする金属バッフルの開発に成功しました。カーオーディオの歴史に残るであろう、画期的なバッフルです。

このサウンドエンジニア6シリーズは、標準小売価格10,000円ですが、新イイオトシステムに採用されている5シリーズ(5,500円)との差額、4,500円にて変更可能です。

※一部のスピーカーには装着できない場合がございます。

A ピラーワンオフツイーターマウント

オプション価格 ¥39,000(税別)
イイオトシステムにおけるツイーターマウントは、スタンドが付属するスピーカーの場合、ダッシュボードか純正位置、スタンドが付属しないスピーカーの場合は純正位置がお選びいただけます。

然しながら、ツイーターは高音を発生するユニットです。高音は真直ぐに進もうとする性質が強く、リスナーへの角度が少しでも異なると、すぐに音色を変えてしまいます。これが問題なのです。

ツイーターの理想的角度は、リスナー(運転席に座った人)から見て、左右とも15°が最も良く、そしてその角度を最も実現しやすい取り付け位置がAピラーです。

Aピラーワンオフマウントをオプション追加される事で、ツイーターを理想的角度に取り付ける事が出来、音場感、定位感、臨場感が驚くほど良くなります。無論、イイオトシステム施工後のグレードアップとしてもお楽しみいただけます。後から施工した場合でも同様の金額でご提供させていただきます。仕上がりは写真の通り、純正以上の仕上がりになります。

ベストアングルツイーターマウント

オプション価格 ¥15,000(税別)
ツイーター取り付けをAピラーワンオフ加工で行ったのでは高すぎて手が出ないと言う方にお勧め。
ツイーターに台座を制作し、最良の角度で取り付けします。
見た目はAピラーワンオフほど美しくありませんが、ツイーターの角度を、Aピラーワンオフ同様、最適にすることで、より良好な音場を作りだす事が出来ます。

スーパーインナーバッフル

オプション価格 ¥14,500(税別)
メーカー製の汎用バッフルでは出来ない大きさで、ドア内側に施工するインナーバッフルとしては最大級の大きさで制作します。
車によってどこまで大型化できるかは異なりますが、共振の極めて少ないMDF(中密度圧縮材)スターウッドを用いて制作し、究極のインナーバッフルを目指します。
音質は一般的なインナーバッフルに比べ、アタックが強く余韻が豊かで、より情報量の濃い物となり、アウターバッフルの品質に近付きます。

パイオニアTS-D1720Cのように、奥行きのあるスピーカーを付ける時などで、車種の形状により取り付けの奥行きが取れない場合などには、これを採用することとなります。

通常価格20,000円、イイオトシステムに採用のバッフルとの差額14,500円にてご提供いたします。

コスメティックアウターバッフル

オプション価格 ¥54,500(税別)
アウターバッフルとは、スピーカーを外側に出して取り付ける為のバッフルで、以下のようなメリットがあります。

このようなメリットの半面、施工時間4部材の増大など、インナーバッフルと比べ遥かに費用がかかるデメリットも存在します。

エモーションでは、アウターバッフルの工法を見直す事により、よりリーズナブルな価格を実現する事が出来ました。 それでいて性能には手を抜かず、アウターバッフルとして十分な機能を持たせたものが、このコスメティックアウターバッフルです。

左右ドアへの施工価格は通常60,000円ですが、イイオトシステム採用のインナーバッフルとの差額、54,500円にてご提供いたします。仕上がりは「こんなパーツが売ってるの?」と言いたくなる程の品質です。

スピーカーケーブルの変更

サウンドクオリティ・アイ スピーカーケーブルをお選びいただいた場合のオプション価格 ¥25,000(税別)
イイオトシステムに採用されているスピーカーケーブルは、カナレ4S8と言うもので、低価格ながら抜群の性能を持つものです。
然しながら、これを超えるスピーカーケーブルに変更することで、更なる音質向上が期待できます。
ケーブルによる音質向上は、思ったよりも大きいものです。
御予算に余裕のある方は是非ご検討ください。






車両のオーディオスペースが、ナビゲーションに占領されてしまってオーディオを取り付けるスペースがないとお悩みの方。エモーションはどこかの空きスペースにCDデッキを取り付けるスペース(1DINスペース)を製作する技術を持っています。しかも仕上がりは純正以上!

1DINスペース製作 通常料金¥120,000 を ¥50,000(税別)
※これだけは頑張りました。ハッキリ言って大赤字価格です。しかしナビにDINスペースが奪われている昨今。音楽ファンの為にこれだけは安くせねばと社長自ら頑張りました。
市販の取り付けキットが6万円~10万円もする昨今、手作りで50,000円と言うのは、本当に頑張った価格です。

カロッツェリアDEH-970には、アナログ外部入力が存在し、しかも上図のようにスピーカーレベルのダイレクト入力が可能です。従って純正ナビを入力する為のパーツ類は一切必要ではありません。

デッキを取り付けるスペースがないからとあきらめになる前に、 まずはエモーションにご相談ください。

エモBLOG 通信販売 アクセス お問い合わせ DM登録・資料請求 トップページ