ポイントイベント厳選プロダクト取り付け事例在庫リスト会社概要
HOME > キャンペーン
 

このコンテンツをご覧の皆様は、こんな事を御経験されたのではないでしょうか。

●車を買ったら純正ナビが標準装着だった。

●どうしても欲しい車だったので、ナビレス設定が無くても仕方なかった。

●或いは、車と一緒にローンが組めるので、ナビとオーディオは純正にした。

●純正でもそこそこ良い音がするだろうと思っていた。

●ところがどっこい、車が来て音楽をかけてみると聴くに堪えない悪い音だった。

今の車はテクノロジー競争まっ盛り。特に燃費向上のためのテクノロジーには大変経費がかかっています。

聞いた話ですが、年間1万台ほど販売する車で、燃費を1km伸ばすためには1台あたり10万円ほどの経費増となってしまうそうです。

ではどこでコストダウンをするのでしょうか・・・・

それはお客様の目に見えない部分、特にオーディオです。

例えば30万円程度の純正ナビは、ナビ機能だと市販の20万円以下の物に敵いません。音響パーツに至っては、大変失礼な言い方かもしれませんが、1万円以下のおもちゃとほぼ同等と言ってよいパーツしか使ってありません。

標準装備のスピーカーはもっとひどく、設計すら日本では行わず、中国メーカー丸投げ品。一説によると音質のチェックもほとんどまともにやっていないとか。
100円玉を5枚重ねたくらいの大きさしかないマグネットでは、例えネオジムでも磁力はたかが知れています。また極限まで薄く作られた振動板は分割共振歪みの坩堝。
これでは良い音がするはずありません。

では純正オプションのプレミアムカーオーディオはどうかと言うと、
大半の物は韓国製や中国製のものに有名ホームオーディオブランドのロゴを付けただけです。誤解を恐れずに、勇気を持って、敢えて言わせていただければ、詐欺スレスレです。要するに“なんちゃって高級ブランド”な訳です。

また超がつくほどの国産高級車にオプション装着される純正サラウンドには、私の知る限り、デジタル5.1chは存在しません。
実売価格20万円台後半のカロッツェリアサイバーナビですら、非常に品質の高い5.1chデコーダーとデジタルプロセッサーが搭載されているのに、50万円を超える純正プレミアムサウンドシステムは、そのほとんどが80年代に流行ったアナログマトリクス方式のサラウンドシステムを使っています。これは昔VHSをシアター再生するときの方式です。

このように、純正ナビや純正オーディオは、コストダウンの波に晒され、市販ナビや市販カーオーディオとの品質差は今や決定的となり、純正を買う事はお金をどぶに捨てるようなものでしかないと言っても過言ではないかもしれません。

然しながら・・・・

欲しかった車が純正ナビ標準装備だった。或いは車購入時に一緒にローンが組めるから純正ナビ純正オーディオにした。そんな方もたくさんおられるでしょう。

また、純正はパネルや室内イルミとの一体感があり、デザイン的にどうしても純正でなければならなかったとお考えの方もおられるでしょう。

ではそう言う方は良い音を聴きながらドライブを楽しむことは不可能なのでしょうか。

いいえそんなことはありません。

これから御提案するシステムが、そんな悩みを全て解決してくれます。

デジタルプロセッサーとは、
カーオーディオゆえの欠点を克服し、高級ホームオーディオのように、音楽を感動的に聴く為にデジタル技術を用いて音を調整する機能を持った機器の事で、昨今の高級カーオーディオには必修の機能となっています。

市販のデジタルプロセッサーで、いわゆる音楽再生機能の付いていないものは、“単体機”と呼ばれ、CDやi-pod等のミュージックプレイヤーからの入力を受けてそれを最適な音質に調整する役割を持ったものです。まだそれほど数多くの種類が発売されている訳ではありませんが、どれもスピーカーレベル入力を持ち、RCA出力の無い純正ナビからの入力機能も持っています。

しかも安物のダウンバーター(スピーカーレベルをRCAレベルにまで落としてアンプ入力を可能にするもの)にありがちな、音質劣化がほとんどない、スピーカーレベルをそのままデジタル変換する“ダイレクトデジタル変換機能”を有する物が多く、音質、機能共に、昨今では大変高品質となっております。

デジタルプロセッサーは、車室内の劣悪な音響空間を適切なものへと調整してくれると同時に、純正ナビなどの音質の低い、しかもスピーカーラインしか信号を取り出すすべのない場合であっても、可能な限り高音質に仕上げてくれる魔法の箱でもあります。

純正オーディオや純正ナビの音を、より良い物とするための第一歩は、当社の“スピーカー交換プラン”に有るような、スピーカーを高音質なものに交換すると言う方法が最も手っ取り早く、費用も比較的\額で済むのですが、そこからさらに良い音をと求めた場合に、やはりデジタルプロセッサーの装着は避けて通れないと思います。

まずはデジタルプロセッサー単体機のお勧めを御紹介しましょう。

                                
                                            audison Bit One.1 オーディソン ビットワン 標準小売価格¥99,750

                                                               

エモーションでも昨今販売台数の多い機種です。
ネット上の評価ではイマイチと言うのも散見されますが、それはハッキリ申し上げて完全に間違いと言っても良いでしょう。

実はこのプロセッサー、凄いんです。

まず基本となる音質が素晴らしい。かなり優秀な音響パーツが使われています。
しかも調整機能がかゆい所に手が届くように作られていて、デジタルプロセッサーの調整法を熟知している人が作ったとしか思えません。

入力系統も豊富でアナログ入力はローレベル(RCAレベル)からハイレベル(スピーカーレベル)まで多数装備し、デジタル入力はコアキシャル(電線)とTOSリンク(光)の2系統。更に出力は8系統あり、それぞれを様々な用途に振り分け出来る事から、フロント3WAY+サブウーファーのシステムにまで対応します。

調整はPCを接続した上での専用ソフトを用いたやり方が基本です。しかしそれが故に、調整に困難を伴う事から、巷の悪評価につながったものと推察します。調整に失敗すればデジタルプロセッサー未装着時よりも音が悪くなる事がありますからね。

調整機能は非常に豊富で、ここで詳しく述べる事は専門的すぎますので避けますが、かいつまんで説明すると、クロスオーバーはスロープだけでなくフィルター特性まで選択でき、タイムアライメントは大まかな調整と微調整に分かれていて、イコライザーは32バンド左右独立な上、一度決めたイコライザーカーブを崩すことなく、適切なイコライザーレベルの調整が可能。本当にデジタルプロセッサーはこうあるべきと言う見本のような機器です。

これだけの音質とスペックを持ちながら、10万円を切る価格と言うのは奇跡に近いです。

                                
                                            audison Bit TenD オーディソン ビットテンD 標準小売価格¥68,250

                                                               

ビットワンとほぼ同じ性能ながら、入出力系統を減らした廉価モデルです。
5chプリアウトである事から、フロント2WAY+サブウーファーまでのシステムが構築可能です。

この音質、この機能で68,250円と言うのも驚異的です。

                                
                                            audison Bit Ten オーディソン ビットテン 標準小売価格¥39,900

                                                               

ビットテンDからコントローラーであるDRCを別売にしたモデルです。
デジタル入力が無くなるのが残念なところです。

ここまで来ると、デジタルプロセッサーのデフレと呼ばざるを得ません。

フロント2WAY+サブウーファーまでしか望まれず、デジタル入力・ソース切り替えも要らないとお考えの方は、これで十分です。

                     
                                            carrozzeria カロッツェリア AXM-P01 標準小売価格¥136,500

                                                               

組み合わせるデジタルプロセッサー本体

                     
           carrozzeria RS-P99X 標準小売価格¥262,500                       carrozzeria DEQ-P01 標準小売価格¥73,500

                                                               

AXM-P01は、誰もが認めるデジタルプロセッサー単体機のハイエンドです。

入出力数こそオーディソン Bit One.1に後れをとりますが、オーディオマスタークロックの採用や度重なる試聴を繰り返して厳選されたオーディオパーツを用いる等、現在考えられる車載可能パーツの最高峰のみを用いてつくられた、正しくハイエンドの名に値する機器です。

ただしこれは単なるオーディオインターフェイスとプロセッサーコントローラーであり、別途デジタルプロセッサー本体を取り付けなければなりません。純正ナビのスピーカーレベルや他の音楽ソースを入力すると言う行為に、これほどまでの拘りを注入した世界最高のオーディオインターフェイスと言えるでしょう。

組み合わせるデジタルプロセッサーは、これも今や唯一の世界最高峰と言っても良い、カロッツェリアXシリーズ、RS-P99Xか、それに準ずる機能を持った廉価版、DEQ-P01兇鯀箸濆腓錣擦泙后

デジタルプロセッサー番外編!!

                
                                            carrozzeria カロッツェリア DEH-970 標準小売価格¥36,750

                                                               

御存知の方も多いと思いますが、これはデジタルプロセッサー単体機ではありません。
カロッツェリアの新型ヘッドユニットであり基本はCDプレイヤーです。

ただしデジタルプロセッサー内蔵の・・・・

この機種は、CDをプレイできるだけでなく、USBとi-Podの同時接続が可能な上、SDカードにも対応するマルチソース機です。

またアナログ入力も下図のようにRCAレベルかスピーカーレベル入力が可能です。

つまりこれは、CDがプレイできると言う機能を除けば、世界一安く買えるデジタルプロセッサー単体機であると言う事も出来る訳です。

これがグローブボックスに収まる車にお乗りなら、簡単な加工のみでリーズナブルに取り付ける事が可能で、それだけでデジタルプロセッサー単体機を付けた時と同じような効果が得られます。

詳しくは“新イイオトシステム”のページをご覧ください。

番外編としてご紹介したカロッツェリアDEH-970は内蔵アンプを持ちます、従って優秀な外部アンプを付けると更に良くなるとは言うものの、さしあたりアンプ無しでもスピーカーを駆動することはできますが、一般的なデジタルプロセッサー単体機は内蔵アンプを持ちません。従って別途パワーアンプが必要となります。

パワーアンプは、小電力で行われる各制御を経て出力された音声信号を、スピーカーを駆動できる電力、即ち空気を振動出来る大電力にまで増幅する役目を持ちます。
プリレベルの信号を、スピーカー駆動レベルにまで、正確に増幅させる必要がある事から、音質に大きな影響を及ぼす大変重要なユニットです。

内蔵アンプとパワーアンプの大きな違いは、内蔵アンプはDINサイズで作られたデッキの中に納めなければならないと言う都合上、最もスペースを必要とするDC/DCコンバーターが有りません。
DC/DCコンバーターは、車の電源12vでは十分なパワーが得られないため、一旦48vとか時には70vを超える電圧にまで昇圧する機器です。内蔵アンプでこれが無い為、出力は頭打ちとなり、必然的に音質にも限度があります。

従って、やはりパワーアンプを装着する方が、音はいいのです。

では、エモーションがお勧めするパワーアンプをいくつかご紹介しましょう。

                                           
                                                       ARC AUDIO XDi804 標準小売価格¥49,800

                                                               

アークオーディオで最も安い4chアンプですが、恐らく、5万円以下のパワーアンプとしては最高傑作の一つではないでしょうか。
D級らしいパワー感を活かして抜群の音離れの良さを発揮しながら、音の粒立ち、見通しの良さ、豊かな響きを再生するその能力は、この価格帯では望むべくもなかった要素ばかり。今低価格アンプの中で一押しと言っても良いアンプです。

                                           
                                                       carrozzeria PRS-D8400 標準小売価格¥63,000

                                                               

そして国産D級アンプで最もお勧めなのがこれ。カロッツェリアPRS-D8400です。
まずパワー感はこの価格帯のアンプではダントツでしょう。スピーカーの音離れも非常に良く、従ってプロセッサーをきちんと調整すると極めて良好な定位感を再生します。
フラットバランスに優れ、妙な癖や耳障りな音など全くなく、クリアで立体的な音を聞かせてくれます。

                                           
                                                       Sound Stream STL4.320 標準小売価格¥49,350

                                                               

サウンドストリーム ステルスシーリーズのアンプです。
5万円以下のAB級アンプで最もお勧めできるもので、D級ほどのパワー感は感じませんが、ABらしい豊かな余韻と音場感を持ち、アナログライクな味わいを聴かせてくれます。

                                                      
                                                       MTX TE404 標準小売価格¥115,500

                                                               

10万円から15万円の間は、費用対効果の高いAB級アンプが多く存在します。中でもMTXのTEシリーズは、トップクラスの一つではないかと思います。
デザインが派手で、色の変わるイルミなどを採用しているため、このアンプが極めて優秀である事に気付かない方も多いのではないでしょうか。12万円以下に限定すれば、これ以上の音質を持つアンプは無いと言っても過言ではないでしょう。

                                                  
                                                       carrozzeria RS-A99X 標準小売価格¥210,000

                                                               

カロッツェリアの最高峰パワーアンプ、RS‐A99X
様々なサウンドコンテスト上位入賞車の多くに採用され、その価値はカーオーディオ用パワーアンプの最高峰に列せられるでしょう。
決して安い値段ではありませんが、手に入れる価値は十二分にあります。

                                           
                                                       BLAX MATRIX A4 標準小売価格¥577,500

                                                               

カーオーディオ用パワーアンプの最高峰、 これを手に入れれば、これまで聴いた事の無い音の世界をご体験いただけます。 一生涯の友としてほしいアンプです。

デジタルプロセッサー単体機とパワーアンプのシステムをご導入されるならば、それらを接続するパーツ(ケーブル)類と取り付ける為の技術料(インストレーション費用)が必要となります。

まずはシステム構築に必要となる、エモーションお勧めの厳選パーツとお薦めインストレーションを御紹介します。

                                                  

エモーションオリジナルRCAケーブル
低価格でどれだけ良い音を作れるかというテーマの元、エモーションが数年かけて開発した高音質低価格RCAケーブル。

 

エモーションオリジナルRCAケーブル
低価格でどれだけ良い音を作れるかというテーマの元、エモーションが数年かけて開発した高音質低価格RCAケーブル。

 

                                                  

デジタルプロセッサー本体、及びパワーアンプの最も安価な取り付け位置はシート下に入れる方法です。コントローラーは操作しやすい場所に取り付けられます。

ただし、シート下への取り付けを御希望されない場合や、シート下へのインストールが困難な場合には、ラゲッジスペースへの取り付けを行います。

                     

デジタルプロセッサーやパワーアンプの組み合わせはかなり考えられます。

エモーションでは、デジタルプロセッサー単体機とパワーアンプを同時にご購入される場合に、特別価格を設定いたしました。お買い得な組み合わせのいくつかを御紹介します。

その前に、まずはどんなシステムになるのかを、図解でご説明しましょう。

                                
                         現在お使いのスピーカーへ接続、
                         若しくは、当社“スピーカー交換プラン”と同時施工。


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥277,500
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥297,500
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥286,100
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥306,100
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥336,000
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥356,000
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥255,500
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥275,500
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥264,100
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥284,100
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥308,700
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥328,700
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥368,400
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥388,400
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥389,500
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥409,500
                                                               


               スピーカー交換プラン MOD,1との同時ご注文の場合、¥439,400
               スピーカー交換プラン MOD,2との同時ご注文の場合、¥459,400
                                                               

          

純正ナビや市販ナビをデジタルプロセッサーに入力し、適切な調整を経て再生すると、純正ナビのままでも素晴らしい音質を聴く事が出来ます。

一方で、デジタルプロセッサー単体機には、通常数多くの入力が装備されており、ナビだけを音楽ソースとしておくのももったいないと思います。

幸い、今回ご紹介したデジタルプロセッサー単体機は、その全てにデジタルインプットが装備されています。これを使わない手はありません。

デジタルオーディオ機器を、デジタルプロセッサーにデジタルインプットする事により、純正ナビのスピーカー出力をハイレベルインプットした時よりも遥かに優れた音質を再生できます。また、現在最も主流となっているデジタルメモリーオーディオは何と言ってもi-Podでしょう。そこで、i-Podの賢い使い方と、それをデジタルプロセッサー単体機に接続する方法をご説明します。

i-Podクラシックがお勧め。

まずi-Podですが、オーディオファン、音楽ファンの方々にお勧めするなら、何と言ってもi-Pod クラシックです。

          

まず容量が160GBでシリーズ最大であること。 音楽ファンで音質にこだわるなら、やっぱり非圧縮で入れてほしいと思うから、私はこれをお勧めします。
仮に800MBのCD一杯に録音されたソースを入れたとするなら、例え非圧縮でも160GBもあればCD2000枚分録音できる計算になります。(その前に800MBの容量いっぱいに録音されたパッケージメディアはほとんどないと思います)

お薦めのエンコーダ(記録方式)

i-Podに音楽を記録する為のリッピングソフトは、アップル社から無料ダウンロード出来る“i-Tunes(アイチューン)”が最も多く使用されていると思います。

ちなみにリッピングとは、パソコンにCD等の情報を取り込む行為の事で、唇のリップ(Lip)ではなく、「切り取る」と言う意味のリッパー(Ripper)からきています。

また、パソコン内の音楽データをi-Pod本体に移す行為を、i-Tunes上では「i-Podを同期する」と言います。

まったく、どうしてこんな専門的な用語を使うのでしょう。リッピングなどと言わずに“パソコンに取り込む”とか、同期などとは言わずに“i-podに移す”と表現すれば、どんなにメカに弱い人でも判り易かったろうに、と私は思うのですが・・・・

ところで、このリッピングを行う際に、どのようなエンコーダを用いるかによって、その音質が大きく異なると言う事を知っておくとよいでしょう。

エンコーダーとは“符号化するもの”という意味で、音楽情報の場合、ソフトをパソコンに取り込む際にどのエンコード(符号化)方式を用いるかを選択することとなります。

i-Tunesの、編集→設定→インポート設定、の順で選んでいくと、「インポート方法」と言う項目が見つかります。ここがエンコード方式を切り替える所です。

上から、AAC、AIFF、Appleロスレス、MP3、WAVとエンコード方式が並んでいますが、それぞれについて特長を説明しますと、

●AAC
i-Tunesの標準で、ダウンロード後、エンコーダを切り替えずにCDの取り込みを始めるとこの方式でリッピングされます。 MP3と同じく、音声信号を11分の1から5分の1に圧縮する方式です。 圧縮を行う事からi-Pod等のディバイスにはより多くの情報(曲数)が入れられますが、この圧縮は元に戻せない“非可逆圧縮”ですので、例え後からWAV方式に変換したとしても削除された音楽情報は元に戻せません。
AACはMP3の後に、更なる高音質を狙って開発された方式ですので、MP3よりは良いと言えるものの、高音質なCDをリッピングしたりすると、その違いは誰の耳にも明らかです。やはり非圧縮には到底かないません。i-Tunesの標準規格にされている事から、音楽ダウンロードサイトなどでもこの方式による配信が徐々に増えつつあります。

●AIFF
アップルコンピューターが開発した非圧縮方式です。 非圧縮である為、CDの音楽情報が全てパソコンに取り込まれます。音質的にはこれがお勧めですが、CDに記録されている情報と同等の容量を占有するため、ディスク容量の小さなディバイスだとそれほど多く記録する事が出来なくなります。

●Appleロスレス
圧縮方式ですが、可逆圧縮と言って元に戻せます。従って音質は圧縮方式よりも良くなりますが、非圧縮と比べると、データの圧縮解凍時にどうしてもデータの欠落が発生しますので、非圧縮を超える事は出来ないようです。 このAppleロスレスは、AACやMP3の圧縮方式と、AIFFやWAVの非圧縮方式の中間の音質と思ってください。圧縮すると言っても2分の1ですので、極端に容量の小さなディバイスでは心もとないでしょう。

●MP3
これらの中では最も古くから存在する圧縮方式です。従ってほぼすべての音楽配信サイトで使用されており、ダウンロードで音楽を購入するとほぼこの方式になってしまいます。 音質は後発のAACよりも後れを取ると言う評価が一般的で、AAC同様、非可逆圧縮であるため、音質の劣化は免れず、音楽ファン、オーディオファンにはこの方式をお勧めできません。ちなみに後からWAV方式に変更しても、消えたデータは元に戻りません。

●WAV
最も標準的な非圧縮エンコーダで、音質も優れています。オーディオファンのほとんどがこの方式でリッピングしているのではないでしょうか。

このように、i-Podに音楽を入れるなら、リッピング時にAIFFかWAVの非圧縮方式を用いる事が高音質再生には不可欠な要素で、それによる大量の容量消費に対応するためには、ハードディスク容量の最も大きい、i-Pod Classicがお勧めとなる訳です。

i-Podをカーオーディオにデジタルインプットして使おう!

デジタルプロセッサーには、デジタル入力が装備されており、それを使ってi-Podのようなデジタルオーディオディバイスから直接デジタル信号を入力する事で、純正ナビや市販ナビのアナログ入力よりも遥かに高音質で音楽を再生できるようになります。

その為に必要なアイテムを御紹介しましょう。

                     
                                                               

オーディオテクニカの、i-Pod i-Phoneの出力からデジタル信号を取り出し、汎用カプラであるTOSリンクとデジタル同軸の二系統で出力します。 オーディソンBit-One.1、Bit-TenDにデジタルインプットする時に使用します。

                                                                     
                                    carrozzeria USB/i-Podトランスポート CD-7x 標準小売価格¥52,500

                                                               

オーディオマスタークロック搭載で、ジッター成分を徹底的に排除した高音質設計。AXM-P01やRS-D7x靴法i-Podやi-Phoneをデジタル入力する時に用います。

純正ナビ、純正オーディオは年々悪くなり、スピーカーの品質に至っては、百歩も千歩も譲ったところでとても聴くに堪えない物になっています。

この風潮は、車のテクノロジー競争、燃費抗争が続く限り改善しないでしょう。

他方、プレミアムな純正オーディオを、有名ブランドの名を冠しただけの粗悪品を高値でオプション設定し、高利益商品としている現状も存在します。

いずれにしましても、カーオーディオ、カーナビは純正品を選ぶべきでは有りません。

しかしながら、純正を選ぶことは車と一緒にローンが組めたり、ダッシュパネルの統一感があるなどのメリットも存在します。

今回ご紹介したオーディオシステムは、質の悪い純正カーオーディオを選ばざるを得ない状況にある方にも、良い音で音楽を楽しんでいただきたい言う思いで考えました。

まずは安価に良い音にしてみたいとお考えであれば、当社でお勧めしているスピーカー交換プランをお試しください。

純正オーディオの中で最も品質が悪いのがスピーカーですので、それを高品質な市販品に変えるだけでも相当の音質向上が期待できます。

更にその上で、もっと良い音をとお望みの方や、初めからスピーカー交換だけでは満足できそうもないとお考えの方は、是非このシステムをお試しください。

純正ナビ、純正オーディオを活かしたままでも、必ず音楽を感動的に楽しんでいただけることと存じます。

ページ上へ
(c)Copyright2005 EMOTION All Riht Reserved.
エモBLOG 通信販売 アクセス お問い合わせ DM登録・資料請求 トップページ