ポイントイベント厳選プロダクト取り付け事例在庫リスト会社概要
HOME > キャンペーン
 

スピーカーの音をいくつに分けるのか・・・・・・

一つのスピーカーで、低い音から高い音まで全て再生させようとするフルレンジ、

低音が出せる17cmのスピーカーだと、どうしても足りなくなる高音を、ツイーターで補う2WAY。

それぞれのユニットの、分割共振の無い、最も得意な帯域のみで組み合わされる3WAY

フロント3WAYは、カーオーディオのスピーカー形態の中でも究極と言われ、その効果に反して大変難しく、失敗が多いとも言われます。

カーオーディオの究極の形、3WAYをどう作ったらいいのか、失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのノウハウの一部をご紹介します。

 

3WAYとは、そのメリットデメリット
スピーカーは一つだけでは人間の可聴帯域を完全に再生することが難しく、大きさの異なるいくつかのスピーカーを組み合わせて可聴帯域全体を再生しようとする方法が標準です。スピーカーは口径が大きいほど低音域が得意となり、小さくなるほど高音が得意となるため、人間の可聴帯域の音をいくつかに分割し、それぞれの帯域を得意とするスピーカーに音を出させることで、スムースな音楽再生を行う行為を「マルチスピーカーシステム」と呼びます。一般にマルチといえばマルチアンプシステムの事を指しますが、スピーカーを複数個用いる際にはマルチスピーカーシステムと呼んで区別しています。
マルチスピーカーシステムの最も一般的な方法はミッドバスにほとんどの音を受け持たせ、それが出しきれない高音をツイーターで補う方式で、これを“音を2つの道に分ける”ことから「2WAY」と呼び、更にミッドバスとツイーターの中間にミッドレンジ(スコーカー)と呼ばれるミッドバスよりも小さなユニットを入れて3つの道に分ける方法を「3WAY」と言います。これにサブウーファーを入れると4つの道となって4WAYと言いたくなりそうですが、カーにおけるサブウーファーはほとんどの場合60Hz以下の再生に限定され、本当に低域のみの再生で、音楽領域を再生することがほとんどないため、この「WAY」には含まずに考えることが多いようです。「フロント3WAY+サブウーファー」などと言う表現が一般的です。
3WAYのメリットは、2WAYの問題点から考えるとわかりやすいでしょう。
モーター(ボイスコイル)はスピーカーの中心にあり、これが動くことで振動板(コーン)に振動を伝えて空気を動かします。モーターからエッジまでは距離がありますが、エッジ付近の動きは、モーターの動きと完全に同期していなければいけません。実際低音ではほぼ同期して動くことが出来ます。この動きを「ピストンモーション」と言います。ところが動きが速くなる高音では、エッジ付近がモーターの速い動きについてこれず、“鳥が羽ばたくような動き”となってしまいます。これを「分割共振」といってスピーカーの音を悪くする最大の要因です。分割共振はコーン型のどの口径のスピーカーでも発生しますが、概ね再生帯域の中心付近から現れ始め、周波数が高くなるごとにその割合は増してきます。16?位のミッドバスだと、500Hz辺りから発生し始め、1kHz付近から徐々に分割共振が増え、ツイーターの担当する約5kHz辺りまでの音は、分割共振の多い濁った音になっています。これが2WAYの問題点です。分割共振は、口径が小さいほどその発生帯域は高くなるため、分割共振の発生する帯域がより高域側にある小さなユニットを、ミッドバスとツイーターの間に入れることで、分割共振の無いピストンモーションのみの綺麗な音を作り出すことが可能となります。これが3WAYの最も大きなメリットです。もう一つメリットを付け加えるなら、小口径ユニットによる取り付け性の良さを利用し、高い位置に取り付けることによる定位の良さもあげられるでしょう。逆にデメリットは2WAYと比べ、取り付けや調整が格段に難しくなることです。

 

一般的な3WAYのシステム図の例(サブウーファーを含まない場合)

低音域〜中低音域専用スピーカー。実際には2WAYで使用可能となるよう中高音域まで再生できるように設計されたものが多く、純粋に低音〜中低音のみで3WAY専用設計のミッドバスは稀。しかし2WAY兼用型の方が寧ろ分割共振は\なく音も良くなる傾向があります。16?か17cmが最も多用されますが、13cmや20cmのもの、稀に10cmでも使用可能なものが存在します。

 

 

 

中音域専用スピーカー、10cm以下のものが多く、一般的には52mm〜80mmとなっています。 2WAYセットで販売されている13cmのミッドバスをミッドレンジとして流用することも可能。13cmで低音を無視し中域の能率と音質だけにこだわった純粋にミッドレンジとして開発されたものもありますが非常に\ないです。他にツイーターの拡大版と言えるドーム型ミッドレンジも存在します。

 

 

 

高音専用スピーカー、低音の入力は危険でコイルが焼損することがあります。カーオーディオの場合ほとんどがドーム型ですが、稀にリング型やリボン型、ホーン型などが存在します。写真はリング型(ドーム型の口径は大半が25mmですが、より低い音あくまで高音部での(を狙った28mmや30mmと言った“低クロスタイプ”も最近では増えつつあります。

 

 

 

3WAYユニットの選び方。
先ほど述べたとおり、3WAYは2WAYよりも格段に難しくなります。その理由は低音域担当のミッドバスと中域担当のミッドレンジ(スコーカー)、それに高音域担当ツイーターが、完璧に繋がってあたかも一つのフルレンジスピーカーのように聴こえてくることが理想だからです。2WAYは二つのユニットの位相がある程度合えば一つのスピーカーのように聞こえてきますが、3WAYはユニットが三つもあってそれぞれを満足に合わせるには三角関係のような矛盾が発生します。従って完璧な3WAYを目指す場合、マルチアンプシステム使用が前提となり、プロセッサーによる調整機能内蔵で3WAY+サブウーファー対応のヘッドユニットかデジタルプロセッサーを用意することが条件となります。こういったユニットは高価になりがちですが、スピーカーに低価格品を用いることで全体の価格を下げることもできるし、2WAY+サブウーファーまでしか出力の無いユニットでも、サブウーファー出力をミッドウーファーに接続する変則的方法が可能なヘッドユニットもあります。要は何に関しましても、「オーディオは知恵と工夫次第」です。しかし3WAYのメリットを最大限活かしたいのであれば、ここはどうしても3WAY+サブウーファー対応のヘッドユニットかデジタルプロセッサーを用意した方がいいでしょう。特にクロスオーバーとタイムアライメント(TA)は位相を合わせる点に於いて重要な機能となります。
スピーカーは過去3WAYがラインナップされているのは高級機だけでしたが、最近では低価格機にも3WAYが増えています。しかしまだ多くはありません。ただし、3WAYを完璧に鳴らせたなら、5万円程度の3WAYセットでも、2WAYの10万円前後のスピーカーを遥かに凌ぐ音質を発揮することも不可能ではないのです。ミッドバスは16cm前後のもの、ツイーターは25mm〜30mmの標準サイズで構いません、問題はミッドレンジです。カーの3WAYにおけるミッドレンジは3種類考えられます。一つは日本製に多い5cmから8cm前後の小口径コーン型ミッドレンジ。これは最近では輸入物でも多く見かけるようになってきましたが、実際これが一番使いやすく、音も非常に良くまとまりやすいのでお勧めです。デメリットはコーン型であるため、エンクロージャー(バックチャンバー)が必ず必要となる点と小口径コーン故の能率の低さでしょう。次にヨーロッパ製に多いドーム型ミッドレンジ。5cmくらいの口径の物が多いのですが、実は小さいようで意外と大きいのです。これはドームの構造上コイルが最も外側に配置されるため、それを包むケースと取り付けのためのフレームを入れると、実際にはコーンの10cmとさほど変わらない大きさとなってしまうことがあります。メリットもデメリットも、このドームという構造に起因し、メリットは高域の伸びが良く、ツイーターの負担が減ること。スピード感が抜群でリアルな音がすること。デメリットはドームの指向性が強く、角度による音質の変化が大きい点です。カタログ表示よりも大きくなる体格も、取り付け性が悪くなるという点に於いてデメリットとなるでしょう。簡単そうで意外と難しいユニットと言えます。最後はアメリカなどで多く見かける10cm以上のユニットを使う大口径ミッドレンジ。これは耐久入力と能率が高く、大音量派に向いています。デメリットはバックチャンバーも必要となる上にその大きさから来る取り付け性の悪さでしょう。
ミッドレンジの形態は?小口径コーン型?大口径コーン型?ドーム型の三様が基本です。 先に述べたとおり、3WAYをラインナップするスピーカーはまだまだ\ないです。そこで、3WAYの設定が無い2WAYスピーカーセットを既に所有している場合、他社のミッドレンジを組み合わせても大丈夫かという問題が発生します。これは結論から言うと、よほど音の異なるものを組み合わせない限り問題はありません。ただし出来る限り音色は合わせたほうが好ましいでしょう。音色を合わせる目安は振動板の素材で判断します。ミッドバスの振動板と同じ素材の振動板を用いたミッドレンジであれば、音色がそう大きく外れることはありません。パルプ(紙)ならパルプ。カーボンならカーボンといった具合に。しかし振動板の種類はきわめて多彩で同ブランドでも異なるラインナップでは統一性がほとんどありません。従ってどうしても同じ素材に合わせることが出来ない場合、振動板固有の音を生み出す因子が同等の素材を用いると考えれば良いでしょう。例えば、クロスカーボンとケブラーは、素材は違うが構造は同じ布状(ファブリック構造)です。従って音色は非常に近いものとなります。同様に金属同士、アルミはベリリウムと同様金属質な音を持ちますし、ポリプロピレンのような樹脂製は他の樹脂製のものと似たような音になります。パルプも繊維質であることからファブリック構造の物との相性は良いでしょう。こう考えると、組み合わせ可能なミッドレンジはかなりあることが分かってきます。従って今あなたがお持ちの2WAYスピーカーに組み合わせることのできるミッドレンジは必ず存在します。

52mmから80mmまでが標準。100mm10cm(を超える物を小口径に含めるか大口径に含めるのかは“ツイーターと同じ角度で取り付け出来るかどうか”で決まります。日本では最も多用されているミッドレンジの形態でしょう。小型を活かした取り付け性の良さを活かし、ツイーターと同角度で高い位置に取り付けることにより、調整の制度を上げ、定位感やステージ感を良好にし、HIFI再生に向いています。

 

口径を小さくすることによる能率の低下が無い構造のため、40mm程度のものから100mmを超えるものまで存在します。基本的にはツイーターを大きくしたもので、ヨーロッパ製スピーカーでは最も多く用いられているタイプです。実際の口径よりも大型となり、88mm口径のものではコーン型の12cmとあまり変わらない体格になります。反面バックチャンバーが必要ではないため、埋め込みにそれほどノウハウはいりません。直径の大きさを気にしないのであれば、小口径ミッドレンジと同様の方法で取り付け、HiFi再生が可能です。

 

口径が13cmのものや、10cm〜12cmでもツイーターと同角度で取り付け出来ない場合には大口径ミッドレンジに含みます。大型で角度を付けることや高い位置への取り付けが困難なことから、ツイーターとは同角度に出来ず、小口径コーン型やドーム型とはシステムの考え方やタクティクス、ノウハウが異なります。大口径のため能率が高く、耐久入力も高めであることから、大音量派でありながらHIFI再生を求める方に向いているため、アメリカで多く見られます。専用設計のものは\なく、13cmミッドバスを流用するか、10cm〜12cmのミッドレンジを使用します。

 

 

エモーションお勧めミッドレンジ
ミッドレンジ単体で発売されているものです。セット品は省きます。


小口径コーン型

カロッツェリアTS-S1RS?
ハイエンドミッドレンジの最高峰、ノンプレスパルプコーンだから応用性は高い。同じパルプ紙(やファブリック系の振動板素材を持つ他のスピーカーとも組み合わせ可能。

 

 

HELIX P203Presision
ノンプレスパルプコーンプレスパルプより遥かに製造が難しい(でありながら低価格が魅力。エモーション一押し汎用ミッドレンジ。音質はお墨付き!価格を遥かに超えています。

 

 

Focal Utopia3W2Be
フランス・フォーカル製ハイエンドミッドレンジ。これも汎用性が高い。どちらかと言うと大人しめの音で派手目の音でなければどんな2WAYセットにも組み合わせ可能。

 

 

カロッツェリアTS-S062PRS
小口径ミッドレンジの中でも66mmと更に小型。2010年6月発売のため、ノウハウは蓄積されていないが、この小ささで400Hzからの使用が可能。同社のCシリーズやVシリーズとも組み合わせ可能と思われる。

 

 


ドーム型

DINAUDIO MD-142
口径72mmドームミッド、直径121mm。11cmコーン型とほぼ同じ体格。クリア&ハイレスポンスが特徴のHIFIミッドレンジ。

 

 

 

DLS ULTIMATE Iridium3
口径80mmドームミッド、直径120mmでこれも小型とは言い難い体格を持つ。ドームでありながら低域特性に優れた使いやすいユニット。

 

 

 

MOREL CDM-54
口径54mm、直径100mmで左の2機種よりもやや小型。それでいて低域特性には優れ、500Hzまで再生が可能。

 

 

 


大口径コーン型

carrozzeria TS-M10RS
公称13cmミッドバスですが、実測は14.5cmに相当。ミッドバスからの流用。スーパーハイパワーシステムでありながらHiFi再生をもくろむ方にお勧め。

 

 

 

SCANSPERK 12m4631G00
12cmミッドレンジ、ツイーターと同角度取り付けが可能な車なら“小口径ミッドレンジとして使用します。世界最高峰レベルの超高音質!

 

 

 

DINAUDIO ESOTER2 110
11cmミッドレンジ。これも出来るならツイーターと角度を合わせたい。これの音質も世界最高レベル。

 

 

 

 

 

エモーションお勧め3WAYスピーカーセット


HELIX P1 P203 P206 Presision
エモーションの「3WAYシステム」にも採用されているHELIX Presisionシリーズの3WAYセット。このコストパフォーマンスはすごい。完璧に取り付け、調整出来たなら10万円台の2WAYだったら簡単に凌駕する。

JBL P6563C
元祖低価格3WAY。JBLらしい音がするので、ホームオーディオをJBLで楽しまれている方には最適。

 

 

 

HEATS HSK163.4
低価格ながら恐ろしいほどの作りの良さ、音の良さ。次期低価格3WAYの旗手となるべき存在かもしれない。

 

 

 

Focal 165KRX3 J-Active
J-Activeの名の通り、マルチアンプが多い日本市場向けに、パッシブネットワークを廃して低価格化を実現。ミッド・ツイーターバッフルは脱着可能。 名門フォーカルのミドルクラス3WAY

 

 

 

carrozzeria RSシリーズ
ハイエンドスピーカーの代名詞ともいえるRSシリーズ、ハイスピード高解像度の設計で音のリアルさに於いては他の追随を許しません。

 

 

 

carrozzeria TS-Z172PRS+TS-S062PRS
価格的にはミドルクラスだが、音は完全にハイエンドの領域。よくここまで安くできたなと思える作りの良さと高音質。コストパフォーマンスの高いスピーカーは何?と問われれば、真っ先に挙げる事が出来るスピーカー。

 

 

 

裏技的!低価格3WAYシステムの御紹介
3WAYは取り付けも大掛かりで費用も高くなりがちです。その理由は3WAY対応デッキがミドルクラス以上の価格帯にしかないからです。そこで低価格な3WAY非対応機でも出来る、裏技的3WAYのいくつかを紹介しましょう。
まずヘッドユニットは最低でも2WAY+サブウーファーが可能でデジタルプロセッサー内蔵の物が必要です。なるだけこれは用意しましょう。カロッツェリアDEH-P940等は最適です。しかし一部のナビゲーションには、「2WAYマルチは出来なくても、左右のタイムアライメント(TA)は出来る」という機種がありますし、また既にそういったナビを所有し、取り付けスペースが埋まってしまっている人もいるでしょう。そういったヘッドユニットが前提で3WAYを組む場合、\々変則的な方法が必要となります。まず出力は2WAY(フロント2WAY)しかないわけですから最優先事項は何かを考えるわけです。手っ取り早く3WAYセットを買って付属のパッシブで組めばよいと思えますけど、先に述べたように、3WAYは各々のユニットの位相が一致していないと、場合によっては2WAYよりも悪い音になってしまう可能性があります。しかし要は「フロント2WAYマルチまでしか出来ないシステムであっても、分割共振の無い3WAYの効果を得られれば良い」のであって、そのためには「2WAYヘッドで3WAYを組んでも繋がりの悪いダメな3WAYにしない」と言うことが鉄則となります。従ってプロセッサーでTA調整を行うことが前提となるわけですが、2WAY出力しかない或いは左右のTAしかないヘッドユニットだから、「スピーカーの構造や取り付けの工夫で3WAYの完璧なつながりを作り出す」ということが最優先課題となり、それによって「フロント2WAY、或いは4ch出力しかないデッキやナビでも、知恵と工夫を駆使して分割共振の無い3WAYの音を楽しむ」ことがコンセプトとなります。

 

●裏技その1、10cmの同軸スピーカーを使う方法。
同軸スピーカーには位相特性が特に良いものが存在します。その見分け方は、スピーカーの中央に設置されたツイーターが飛び出たような構造ではなく、ミッドのセンターキャップと同じ高さにレイアウトされているものです。このタイプの同軸スピーカーはミッドとツイーターの音の出るタイミングにずれが無く、ナチュラルなタイムアライメントが構造上すでに設置されているようなものと考えることが出来ます。従って位相特性の良い同軸スピーカーにはTA調整は必要なく(ただし左右のTA調整は必要)、これの10cm程度の物をAピラーやダッシュ上等の高い位置に抜群の角度で取り付け、ドアに取り付けるミッドバスとの2WAY・・・・としてTA調整するだけで、分割共振の無い3WAYの効果を得ることが出来ます。ただし同軸スピーカーはコーン型なのでバックチャンバーは必要です。
残念なことに、10cm口径で位相特性の良い同軸スピーカーは、あまり多くありません。

 

●裏技その2、スーパーツイーターの設置による3WAY。
この方法は「低クロス型ツイーター」採用の2WAYセットを使うことが前提となります。低クロス型ツイーターとは、私が勝手に作った造語ですが、判りやすくするために敢えてここではこう呼ばせていただきます。要は3WAYに近い音を出せる2WAYセットの事です。2WAYの問題点は「分割共振」にありますが、2WAYでも3WAYの性能に近付けるにはどうしたらよいかという疑問に対する回答の一つがツイーターの低クロス化です。
要するにツイーターを低い所まで再生できるように設計し、分割共振による「アラ」を出来るだけ目立たなくさせるというもので、昨今では技術が発達して2.5kHz当たりまで使えるツイーターも登場しています。購入の目安としてはクロスポイントが3kHz以下の2WAYセット。ただし3kHz以下のクロスポイントであっても、ツイーターの口径が25mmの場合は開いたクロスの可能性があり、実際にはもっと高いカットオフと思われます。従って低クロスには耐えられず無理な場合が多いですので25mmツイーターを4kHz以下の低いクロスで使うことはやめましょう。28mmや30mmツイーターであれば、3.5kHz以下は確実で、‐18dBのハイスロープを使えば3.0kHzや2.5kHzでも対応できる物があります。低クロス型ツイーターの登場により、分割共振も\なく、定位感も抜群の2WAYが増えては来ていますが、その代償はツイーターの高域特性が伸びなくなること。そこでスーパーツイーターを装着してその高域を補うのですが、現在のところこういった目的で発売されているスーパーツイーターはカロッツェリアのTS-ST900しかありません。しかしその威力は絶大で、わずか10kHz以上を補完するだけなのに音質向上は甚大。ただし位相を完璧にするのなら、取り付け位置を細かく微調整する必要があります。音を聴きながらベストの位置を探すことで、パッシブでもより位相整合のとれた繋がりを実現できます。要するに「レイアウトによるTA調整」なんです。TS-ST900はスタンド付なので取り付け位置の微調整も容易です。微調整の方法に関しては後述の調整方法をご参照ください。

 

●裏技その3、クロスオーバー無しのデッキの場合は「バイワイヤリング」。
一部のナビによくあるような左右のTAはあるがマルチシステムが出来ないという場合でも4ch出力はあります。つまり“クロスオーバーが無いだけで、2WAYのTAは出来る”ということがいえるのです。ナビのフロント出力をミッドウーファーに、リア出力を同軸スピーカーか、或いは低クロス型ツイーター+スーパーツイーターに接続します。フロント・リア出力間にはパッシブが必要ですが、これは簡単な6デシ型でもかまいません。クロスポイントは1kHz前後でいいでしょう。適切なクロスポイントを見つけることよりも、TAを駆使して良好な繋がりを実現する方を優先的に考えます。これにより、フロント&リア出力をLOW&HIGH出力に切り替えることが出来、4chTAを用いて、2WAYマルチとして調整することが出来るようになります。これは2WAYとして通常通りミッドバス&ツイーターとして使うことも可能ですが、裏技1と2を応用することで分割共振の\ない3WAYの効果を得ることが出来ます。

 

 

3WAY 非対応のデッキでも3WAY の効果を発揮できる
裏技的3WAY の図解

 

位相特性の特に良い10cm 同軸スピーカー

位相特性の良い10cm 同軸スピーカーは、現在国内で販売されているものは上記の3 機種のみです。 この内、Clarion GS-410A-01 は「在庫希少」となっておりますので早晩廃番でしょう。とても残念なことです。海 外製で国内未輸入のものにはまだわずかに存在するようですが、輸入されそうにもありません。国内メーカーでは 16 ?や17cm だとこういった構造の同軸スピーカーをラインナップするブランドもありますが、10cm ではどうして も構造上難しくなるのか、あまりラインナップされていません。

 

低クロス型ツイーター採用の2WAYセット
低い周波数から使用できる、比較的大きな口径を持つツイーターは、ミッドレンジとしても使用可能です。スーパーツイーターと組み合わせ、高音質な3WAYシステムを楽しむ事が出来ます。

DIATONE SA1
価格もスーパーだが性能もスーパーなスピーカー。‐12dBスロープで何と1.6kHz再生が可能!

 

 

 

DINAUDIO SYSTEM242
‐12dBで3.15kHz、-18dBで2.5kHzからの再生が可能。しっとりとして色っぽいサウンドが特徴。

 

 

 

carrozzeria TS-V171A
30mmツイーター採用で‐12dBなら2.5kHz、‐18dBだと2.0kHzも可能。音は極めてリアル。

 

 

 

carrozzeria TS-Z172PRS
PRSシリーズの新型。先代も充分低クロス(2.8kHz)だったが、この新型はなんと1.9kHzのクロスが標準。この価格で良くそれが出来たなぁ。

 

 

 

MOREL TEMPO6
モレルの中では低価格2WAY機だが、ツイーターは28mm。-12dBで3.15kHz、-18dBでは2.5kHzまで再生。ぶ厚く情報量を再生するリアルスピーカー

 

 

 

carrozzeria TS-ST910
カーでは世界で唯一のトゥルーリボン(トランスを用いた本物のリボン型)ツイーター。超音波領域までフラット再生可能、エネルギーが不足しがちな「低クロス型ツイーター」の超高音域を完璧にフォローする。

 

 

 

例えばこんな組み合わせでもいいんじゃない。
3WAY機のカロッツェリアDEH-P01をお持ちなら、低クロス型ツイーター採用の2WAYセットにスーパーツイーターを繋いで3WAY化するのも素晴らしい効果を生みます。メリットはミッドレンジの取り付けが無いのでインストレーション費用(取り付け費)が安く出来ること。デメリットは、分割共振の排除は口径の大きなミッドレンジを使用した3WAYにはどうしても及ばない事。しかし過去にエモーションで手掛けた同様のシステムは、極めて良い結果を出しています。

4chタイムアライメント(TA)機能を持つナビゲーション
2010年6月現在、クロスオーバー無し左右TA搭載のナビは次の通り(簡易型は除く)。カロッツェリアAVIC-VH9990、AVIC-ZH9990アルパインVIE-X088、VIE-X08S、VIE-X05クラリオンNX809パナソニックCN-HX3000D、CN-HX980D、CN-HX900D、CN-HW890D、CN-HW860D富士通テン・エクリプスAVN779HD、AVN978HDMk?、AVN078HDMk?、5.1chプロセッサー内蔵のもので、リア出力をフロント用とする方式を用いると、DVD再生時の5.1chサラウンドは出来なくなります。 ※これら以外の機種をお持ちの場合、TA機能の有無はメーカーにお問い合わせください。

 

3WAYインストレーションのテクニックを一部紹介
ミッドレンジの取り付け方は、形態によって考え方が異なります。ドーム型は小口径コーン型とほぼ同じと考えていいでしょう、しかし大口径コーン型はそもそも基本的コンセプトが違います。そもそもコーン型の小口径と大口径との境は何cmでしょう。それはAピラーやドア上部へツイーターと同角度で取り付け出来る大きさのものを小口径と呼び、Aピラーやドア上部に取り付けが困難で、ツイーターと同角度にしにくい大きさを持つものを大口径と考えます。しかし10cmから12cm位のミッドレンジは、ツイーターと同角度で取り付けできる車もあれば出来ない車もあります。つまりツイーターとの角度を一致できるかできないかで小口径か大口径かを決定するということです。従ってここで言う大口径と小口径の定義とは、「Aピラーやドア上部に取り付け出来、ツイーターと同角度に出来るものを小口径、Aピラーやドア上部への取り付けが困難で、ツイーターと同角度にすることが不可能なものを大口径と呼び、その境目はくるまによりけり」と言うことになるでしょう。大口径小口径、各々メリットがあり、そのメリットがユーザーの好みに合うかどうかでどちらのタイプにするかを決め、それぞれのメリットを最大限に活かす方法で取り付けることが求められます。ではそのメリットとは何かというと、小口径やドームは定位感、ステージ感の良さ、つまりよりHiFi再生に向いている事であり、大口径は能率の高さ、耐久入力の高さを活かしたパワーサウンドを生み出す事にあります。
小口径であれ、大口径であれ、コーン型のスピーカーである以上、エンクロージャーが必要となりますが、サブウーファーはボックスがエンクロージャーでありミッドバスはドアがエンクロージャー替わりです。従ってミッドレンジにもエンクロージャーは必要となります。エンクロージャーはその容積、或いは形状でスピーカーの低域特性が変わってくるため、良い低音を再生するためにはエンクロージャーを適切に作らなければなりません。ところがミッドレンジは低音を出すわけではありません。従って必ずしも使用するミッドレンジの適正容積でなくてもよく、小さくても問題ないということになります。この事からミッドレンジを入れるボックスはエンクロージャーとは言わず、バックチャンバーと呼び区別します。チャンバーは小さくても良いですが、小さすぎると変な所にピークが出来てしまったりするので表を参考にしてください。ただし必ずしもぴったりとした容積で無くともよく、\々前後してもそれ程音には影響しません。むしろ注意すべきは内部定在波の発生で、定在波が発生すると音の一部が消えてしまうことで周波数特性がガタガタになるし情報量も欠損します。要するに音が悪くなってしまうわけです。定在波は並行面が多いと発生しやすく、要するに四角形の箱型に作ると最も発生してしまうわけです。逆に定在波が最も発生しにくいのが球状。つまりバックチャンバーは出来るだけ並行面を作らず半球状に作ると良いわけです。エモーションでは半球状で適正容積のバックチャンバーを、ミッドレンジ用にオリジナルで製作しておりますが、自作派の方だと半球状のバックチャンバーを自作するのは決して簡単ではありません。そこですでに半球状になっているものを流用すると良いでしょう。お勧めはプラスチックで出来たカップか湯呑のようなもの。これを適切な大きさに切って使います。100均などで入手可能です。プラスチック製なので共振音を出すから内側に防振材を貼ったほうがよいでしょう。陶製のものは共振しにくいが、加工性が悪いので避けます。小型の料理用ボールみたいなものでも応用できます。
次に取り付け位置ですが、良い定位、良いステージ感を生み出すには小口径ならばツイーターと同じ角度で取り付けることが前提となります。ただし運転席から見てツイーターと同じ角度で取り付け可能な位置はおのずと限定されます。?Aピラーにツイーターと共に取り付ける。?ドアアッパー。?ドアミラー裏側。このくらいしかないでしょう。大口径も基本的にはツイーターと同角度で取り付けることが理想ですが、10cm以上のミッドレンジをAピラーやドアアッパーに取り付け可能な車種は極めて限定的です。従ってミッドバスのすぐ上にバッフルを用いて取り付け、ツイーターには28mmか30mmの大型のものを用い、ミッド〜ツイーター間のクロスを3kHz以下で使うと良いでしょう。このあたりがコーン型ミッドレンジの小口径と大口径とでノウハウが異なる要因です。



3WAYは分割共振の排除、更に定位の良さと、オーディオファンにとっては申し分のない性能を持ちますが、一方でフルレンジや2WAYと比べ音作りが難しく、誤った方法で取り付けられた3WAYにより、3WAYそのものの評価を落としている事実もあります。しかし基本を押さえ、そこから外れずに実行することで、意外と簡単に出来てしまうものです。フルレンジにも、2WAYにも、それぞれに良さがありますが、やはり何と言っても3WAYによるソースの音を余すところなく再生する再現性は大きな魅力と言えるでしょう。ただしフルレンジや2WAYには全く魅力が無いと言っている訳ではありません。分割共振があっても、音楽が魅力的に、感動的に聴こえればそれでいいのです。小口径フルレンジや低クロス型ではない2WAYにも、魅力的な音のするスピーカーはたくさんあります。
エモーションでは3WAYや、2WAYでも分割共振の\ない「低クロス型ツイーター」による2WAYに力を入れており、また\しずつのグレードアップで最終的に3WAYを目指している方を応援しております。更にエモーションでオーディオを取り付けされた全てのお客様は、以後難しい調整は何回でも全て無料となります。是非、3WAYによるオーディオシステムを導入され、鳥肌が立つような音楽の感動を味わってみられてください。

 

 

エモーションお勧めのフロント3WAYシステム
プレシジョン3WAYシステム
通常価格、353,000円(税別)のところ、 特別価格 300,000円(税別)にてご提供中

                                                               


カロッツェリアDEH-P01とHELIX のPresisionシリーズの組み合わせ、 登場以来多くのお客様に御導入いただき、100%のご満足と驚きの声を多く頂きました。ケーブル類はP01に付属のものを用いず、全てハイグレード品に変更、エモーションのインストレーション技術を駆使し低価格でも驚きのサウンドを発揮します。

 

 

アラカルト3WAYシステム
ヘッドユニットはカロッツェリアDEH-P01、スピーカーは以下のものからご自由にお選びいただけます。


どのシステムをお選びになられても、3WAYによる定位感の良さ、分割共振の無いリアルなサウンドを得られます。
ケーブル類にまでこだわり、DEH-P01に付属のケーブルや安物ではなく、一つ一つ品質を確かめ、音質クオリティの高い製品を選んでおります。
またインストレーションにも手を抜かず、ドア防振やインナーバッフルを施工し、小口径ミッドレンジとツイーターの高い位置への取り付けにも、最高の角度でインストールいたします。

どの組み合わせをお選びになっても、特別価格 283,900円(税別)にてご提供中


                                                               

 

 

スーパーツイーター3WAYシステム

低クロス型2WAYスピーカーに、スーパーツイーターを追加する3WAYシステム。2WAYキット付属のツイーター低クロス型(をミッドレンジとして使用する方法です。非常にスピードが速く、リアルでクリア、色気のある音が再生できます。
スーパーツイーターのカロッツェリアTS-ST910はリボン型ツイーターです。過去のカー用リボンツイーターは、薄いフィルムにコイルを印刷した“リボン形状リボンもどき(”であって、本来のリボン型の概念からは外れるものでした。リボン振動板は一枚の薄いプレートに過ぎず、これに電気信号を通して振動させることからインピーダンスがほぼ0Ωに近くなるため、マッチングトランスが必要です。TS-ST910はマッチングトランスを有した本物のリボン型です。従って本物のリボン型振動板を有するため、「トゥルーリボン型」と呼ばれます。リボン型は超高域まで極めて正確、且つフラット再生が特徴です。
スピーカーはカロッツェリアTS-V171AとモレルTempo6の二種類からお選びいただけます。じっくりと視聴してお好みのものを選ばれると良いでしょう。ミッドレンジの取り付けが無く、取り付け費が安くできる分、グレードの高いスピーカーを選んでおります。

通常価格、390,000円(税別)のところを 特別価格 282,400円(税別)にてご提供中

                                                                

ページ上へ
(c)Copyright2005 EMOTION All Riht Reserved.
エモBLOG 通信販売 アクセス お問い合わせ DM登録・資料請求 トップページ